するるのにごり汁

するるのにごり汁

するるのにごり汁
  • するるのにごり汁
  • するるのにごり汁
  • するるのにごり汁
  • するるのにごり汁

さかのぼる事、数年前のお話し。

 

朝会社に来たら企画室スタッフの平川がコップを手に持ち、

かき混ぜていました。

 

何を飲むんだろう?と思って聞いてみると、

「これは『グリーンスムージー』ですよ。

最近流行っているのでネットで買っちゃいました。

なんだか最近疲れやすいし、野菜不足なので私にはぴったりかなって思って。」とのこと。

 

僕も気になったのですぐさまネットでグリーンスムージーを調べてみると、どうやら野菜や果物をたっぷり使って丸ごとジューサーにかけて作る飲み物らしい。

 

なるほど、これなら野菜不足を解消できてゲンキになれるかも!

と納得しました。

 

そう思ったとき、ふと思い出しました。

 

これはおばあちゃんの作ってくれた『にごり汁』じゃないのだろうか?

 

僕が子どもの頃、おばあちゃんの家に遊びにいっていたときに、

おばあちゃんの家の畑で収穫していたトマトやチンゲンサイ、

ピーマンなどの野菜やヨモギやドクダミなど山から採ってきた山菜、

リンゴやバナナなどの果物、さらにハチミツなんかも加えてミキサーにかけて僕たちに出してくれました。

 

僕たちは決まってそれを飲んでいました。

 

味は甘味があるのですが、その中に苦みもあって実は少し苦手でした。

 

でもこの『にごり汁』を飲んでいたおかげでウチの父親をはじめとして嶋崎家全員ほとんど風邪を引いたことはありませんでした。

 

食材も新鮮で栄養価も高かったんだなと

改めて僕たちに作ってくれたおばあちゃんの愛情を感じることができました。

 

そんな僕ならグリーンスムージーを超えるグリーンスムージーを作ることができるんじゃないか?よし、作ろう!と決心しました。

 

 

早速母親ににごり汁のレシピを教えてもらいにいきました。話を聞いていると祖母のにごり汁は約10種類の素材が入っていたらしい。

 

でももっと飲みやすくて栄養を摂れないか?いいものを作りたい!そう思い、いろんな野菜を取り入れました。配合バランスにもこだわり、味にもとことんこだわり、誰でも飲みやすいものを目指して開発を進めました。

 

 

作っているとどんどん欲が出てきて素材がいっぱいになってしまい、自分たちで満足したものを作るには限界がありました。

 

 

そこで知り合いの方に相談し、にごり汁の良さをそのままにもっといいものをつくるために開発を続けました。野菜や果物だけでなく、オリゴ糖や乳酸菌なども配合し、僕たちにしかできないものグリーンスムージーを追い求めました。

そうしてようやく完成したのがこの『にごり汁』です。

 

おばあちゃんの作ってくれた『にごり汁』を超えるものができたと思い、

『グリーンスムージー するるのにごり汁』という名前にしました。

 

いち早く商品をお飲みいただいたモニターの方から「飲み始めてから何だか体調がいい気がします!」「お通じもよくなってお腹もスッキリするようになりました。飲みやすくて本当に続けやすいです。」「朝あまり食べられないときに飲んでるんですが、腹持ちもよくご飯代わりにしています。ダイエットにもいいと思います。」こんな嬉しいお声をいただいております。

野菜不足の方、朝がつらい、何だかだるい、ダイエットしたい!そんな方は是非お試しください。

 

ファンファレ店主 嶋崎 和規

 

 

↓『するるのにごり汁』の事をもっと詳しく知りたい方は↓

http://fanfare-shop.com/shohin/nigori/index2.html

 

するるのにごり汁

するるのにごり汁の定期便を再開される方はこちら!!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら