むくみ

むくみやすいのは夏?冬?

梅雨が明け、本格的な夏が到来しました。

つまり、肌を出す季節の到来です!夏は暑いからむくみから開放される~♪と思う方も多いのではないでしょうか?しかし、実際は…「あれ?夏なのにむくみが気になる…。」ということありますよね?

実は、夏のほうが冬よりむくみやすいんです!

 

むくみの原因として考えられるのは、血行不良や新陳代謝の低下など、身体を冷やしてしまうことが挙げられます。身体を冷やしてしまう季節として直ぐに思いつくのが冬ですが、冬は意識的に体を温めようとして厚着をしたり、温かいものを飲んだり、お風呂にゆっくり浸かったりしまうよね?そのため、冬は意外と身体は温められているんです。

逆に夏場はエアコンが当たり前になり、清涼飲料水など冷たい物を飲む機会が多くなります。なので、夏は身体が冷えやすく、むくみやすい季節と言えます。

 

 

今回は、そんな夏のむくみを少しでも軽減させるために、気をつけるべきことをご紹介します。むくみをしっかり解消して、ほっそり美脚で夏を満喫しましょう!

 

①冷たい物の過剰摂取

夏は気温が高いので、大量の汗をかきます。

目に見えない汗も大量にかいているため、水分補給がとても重要です。

しかし、気温が高いがゆえに、ついつい冷たい飲み物を選んでしまってはないでしょうか。

冷たい飲み物は、過剰に摂取すると体温を急激に低下させ、むくみを引き起こしてしまいます。

水分補給をする時は、できるだけ常温や冷えすぎていない飲み物を選びましょう。どうしても冷たい飲み物が飲みたい場合は、一気に飲まず、数回に分けてとるといいでしょう。

suibun

 

②冷房の効いたオフィス

仕事をする際には、効率的に作業を進めるため、夏場は冷房を使用しているオフィスがほとんどです。涼しくて快適なのですが、同じ姿勢で長時間デスクワークなどを行なうと冷蔵庫の中で作業しているような状態になってしまい、体の隅々までが冷えきってしまいます。作業している間は気づきにくいのですが、足が重いと感じた時にはすでにむくみを自覚する時になってしまいます。

室温設定がされているオフィスでは、寒いからといって温度調節はできません。そのため、寒さを感じる前にひざにブランケットをかけたり、一枚羽織るカーディガンなどをそばに置き、寒さを感じたら着る、暑くなってきたら脱ぐ、と体温調節することが重要です。お気に入りのブランケットやカーディガンなどを身近に置いておくと、お気に入りのものに囲まれて仕事の効率もアップするかもしれません。

suibun2

いかがでしたか?一年の中で夏場はもっともむくみやすい時期とも言われています。

むくみに注意しながら、夏をもっと満喫してはいかがでしょうか?