むくみ

「ひんやり」我慢で「すっきり脚」に!

みなさんこんにちは。

さて、連日暑い日が続いていますが、

こう暑い夏はどうしても冷たい食べ物や

キンキンに冷えた飲み物を求めてしまいがちですよね。

 

が、しかし!

極度に冷たい食べ物や飲み物は

からだの内側を冷やしてしまうことで血流が悪くなり

代謝が滞ってしまうため、むくみの原因となってしまうのです。

そして冷たいものは胃腸の活動を弱めてしまうので

消化不良や食欲不振など、夏バテの原因も招いてしまいます。

 

からだに負担をかけずに、むくみの原因をつくらないためにも

冷たい食べ物や飲み物はなるべく控えるようにしましょう。

hinyari

 

★ 冷たい飲み物は氷を入れずに飲みましょう。

冷蔵庫で冷やした飲み物を注ぐ際は

グラスに氷を入れずにそのまま注ぐようにしましょう。

氷の入ったキンキンに冷たい飲み物を一気に飲むと、

胃腸に大きな負担をかけてしまいます。

また、代謝や血行を悪くし、むくみの原因をつくるだけではなく

下痢などの症状を引き起こす原因にもなります。

 

常温にして飲むように!…とまでは言いませんが

冷蔵庫で十分に冷えた飲み物は、氷を入れず

冷蔵庫から取り出し注いでから少し時間を置いて飲むようにし

程よい冷たさで暑さを和らげるようにしましょう。

hinyari2

★それでもアイスやかき氷など夏は冷たい食べ物が恋しい!そんな時は

夏といえばかき氷やアイスクリームがおいしい季節。

むくみの原因や、胃腸に負担をかけてしまうとわかっていても

やっぱり食べたいものは食べたいですよね。

 

そんなときは、食べ方を工夫していただければ大丈夫です。

 

少量ずつ、ゆっくりと口の中に運ぶようにし

すぐに飲み込まずよく噛むようにすることで

口の中の温度が冷たい食べ物の温度を上げてくれます。

口の中で感じる冷たさが体感としてもひんやりと感じ、

飲み込んだときには温度が上がっているので

胃腸への負担を低減させることができます。

 

 

いかがでしたか?

暑い日が続きますが、

ちょっとだけ「ひんやり」を我慢することで

むくみの無い「すっきり脚」でひんやり好きさんに

差をつけていきましょう!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら