ダイエット

「ながら食べ」から卒業しよう!

みなさんこんにちは。

さて、今この記事をご覧いただいている方の中には

仕事を頑張っている方、家事を頑張っている方、学校を頑張っている方

様々な「頑張る女子」の方がいらっしゃるかと思います。

 

そんな頑張る女子の方の中には

 

仕事・家事・学校を頑張りながら

ダイエットも頑張ってるのになかなか痩せない。。。

 

とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな頑張る女子のみなさんが「ドキッ!」とするであろう

ダイエット中の「ありがちNG」をご紹介していきたいと思います。

 

それはズバリ・・・

 

差し入れや買い置きお菓子の「ながら食べ」です!!

 

★「ながら食べ」がどうしてNGなの?

nagara

頑張る私にご褒美♪とついついお菓子を食べてしまう方。

ずっと仕事や家事や勉強で詰め詰めだと、

どうしても甘いものが欲しくなってしまいますよね。

しかし!PCの画面や書類、TVやスマホの画面

に目を向けながらの「ながら食べ」は

普通に食べるよりもお腹に脂肪を蓄積させてしまう食べ方なのです!

 

他のことに集中しながら食事をすると、

「今ものを食べている」という意識が薄れるので

満腹中枢から脳へ本来送られるはずの「満腹サイン」がうまく送られずに

ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

それだけではありません。

 

食事に集中していないことで噛む回数が自然と減少してしまっています。

噛む回数が少ないと消化活動がうまくいかず、からだの中に蓄積され

排出がスムーズにいかなくなってしまいます。

つまり、余分な脂肪分などがからだの中に蓄積されるだけではなく

便秘の原因になってしまうこともあるということなんです。

 

★「ながら食べ」ではなく「プチ休憩」を作るように。

nagara2のコピー

忙しいからといって「ながら食べ」をしてしまうことが

太ってしまう原因となってしまいます。

しかしお菓子を食べることが悪というわけではありません。

 

つまり。

 

「食べる」ときは「食べる」という、

気持ちの切り替えを大切にすれば良いのです。

 

ながら食べをせず、5分だけでも休憩の時間を作って食べることで

しっかりと「ものを食べている」と脳が認識するだけでなく、

こころもからだもリラックスすることができます。

 

「ながら食べ」をするより、5分だけでも「プチ休憩」を取るほうが

脳にもダイエットにも効率が良いということ♪

 

頑張るときはしっかり頑張り、休憩するときはしっかり休憩する!

 

ながら食べからきちんと卒業して時間の使い方にメリハリをつけることが、

メリハリボディを手にいれるための大切なポイントの一つですよ♪

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら