カラダニキビ

毎日の生活の中に潜む肌のかゆみの原因の数々

 

あなた様は「最近なんだかからだが痒くなりやすい」

なんてお悩みをお抱えではないでしょうか?

頭や腕にひじやひざ、首すじや背中におしりやふともも、足のすねなど

気がついたらついついうっかりかいてしまっている。

そんなかゆみの原因とは一体何なのでしょうか?

 

★ハウスダストなどの空気中の細菌

1701061

一般的にハウスダストアレルギーと呼ばれる、

ハウスダストが原因でかゆみを感じるパターン。

室内のハウスダストには、私たちのからだから抜け落ちる

髪の毛や体毛、フケに加えて

ダニやゴキブリなどのフンや死骸なども含まれています。

ハウスダストを除去しないまま放置しておくと

ダニやゴキブリのエサとなってさらに害虫が増殖し

ハウスダストも増えてしまいます。

 

《対策》

1701062

こまめな部屋の清掃を行い、空気清浄機などを活用して

ハウスダストを寄せ付けないようにしましょう。

また、布団やソファ、カーペットなどは

日向に干すだけでは完全にハウスダストを除去することはできません。

最大限ハウスダストを除去するためにも干すだけではなく

掃除機で死骸を吸い取り、除菌・抗菌スプレーを振りかけるようにしましょう。

 

★ストレスによる精神的刺激

1701063

ストレスはからだの免疫機能を乱してしまいます。

そうすると肌のバリア機能は低下し

先ほどあげたハウスダストなどの刺激物が

肌の中に入って来やすくなるだけではなく

かゆみへの耐性も弱くなるので

いつもなら感じないかゆみもかゆく感じてしまうなど

かゆみにたいして過敏になってしまうこともあります。

 

《対策》

1701064

とにかくまずストレスを抱えないようにしましょう。

一言でそう言っても難しいのですが、

週に一度はストレスのはけ口となるリラックスタイムを設け

思いっきり自分の好きなことをしたりするなど

「スカっとした!」という気持ちを自分自身が

感じることができる時間を持つようにしましょう。

 

★日用品の使いすぎによる刺激

1701065

かゆみの原因となっているものは実は毎日使っている

日用品が原因となっている可能性も否定できません。

洗剤や柔軟剤などを、

「汚れが多いから」「香りをもっとつけたいから」と

規定の量より多く使用することによって

成分が完全にすすぎ落とされずに衣服に残ってしまいます。

その成分が肌に触れることで

刺激となってしまっている場合があるのです。

シャンプーやリンス、ボディーソープなども

しっかり洗い流しきらずに肌にすすぎ残しがある状態で

お風呂からあがってしまうとかゆみが生じる原因となってしまいます。

 

《対策》

1701066

洗濯の際は洗剤・柔軟剤共にきちんと規定量に従った量を使い、

それでもかゆくなる場合はすすぎの回数を1回多くしてみてください。

肌にやさしい低刺激タイプをうたった洗剤もあるので

そちらに切り替えてみるのも良いかもしれません。

洗髪時やからだを洗う時はまずいきなりシャンプーやリンス、

ボディーソープをつけるのではなく

一回お湯洗いをしっかりとしてからつけるようにしましょう。

洗い流す際は洗い残しのないよう

隅々までしっかりと洗い流すようにしましょう。

 

★空気の乾燥に伴う肌の乾燥

1701067

空気が乾燥している季節やエアコンなどが効いている室内では

肌の水分量が奪われカサつくことでかゆみを招いてしまいます。

また、人間の肌は弱酸性に保たれているのですが

乾燥によって肌のpHがアルカリ性に傾いてしまうため

刺激を過敏に感じやすくなるもなります。

 

《対策》

1701068

肌の乾燥を防ぐための保湿対策をしっかりとするようにしましょう。

乾燥している室内では加湿器を活用し空気中の湿度を保つようにしましょう。

加湿器がない場合は水を注いだカップなどをを近くに置いたり

濡らしたタオルをかけておくだけでも効果があります。

化粧水は低刺激でかつ高保湿を謳ったものを選ぶようにしましょう。

顔だけではなく全身の保湿も忘れずに。

ボディクリームを使って肌の乾燥を防ぎましょう。

 

 

いかがでしたか?

今回はかゆみを感じる代表的な原因と

その対策方法についてご紹介させていただきましたが、

あまりに酷い症状はアトピー性皮膚炎の可能性もございます。

かゆみが一向に改善しない場合はお近くの医療機関を

必ず受診するようにしてください。

かいてしまうことで余計にかゆみを発症させてしまう場合もあるので

かゆみを感じた場合はできるだけ我慢して

患部に刺激を与えないようにしましょう。