美容

ヨーグルトの効果は∞!便秘・美容・健康・美肌etc驚きの効能まとめ

1801271

からだに良いと言われる「ヨーグルト」。

でも実際「ヨーグルトに含まれるどの成分が、何に効果があるのか」と問われると

スラスラと回答できる人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

今回の記事ではそんなヨーグルトの効果・効能について

詳しくご紹介していきたいと思います!

 

知れば知るほど「うれしい!」がいっぱいなヨーグルトの魅力!

1801272

【その1:便秘に効果的!】

ヨーグルトには乳酸菌や善玉菌がたくさん含まれており

これらが悪玉菌を追い出すことで腸内の環境を整えてくれるため、

腸内環境が乱れお腹を下してしまっているときや

お通じが滞ってしまっているときなどに改善効果が期待できます!

 

【その2:肌荒れ改善・美肌効果も!】

悪玉菌はニキビなどの肌荒れを生み出す原因の一つです。

そんな悪玉菌をヨーグルトの乳酸菌や善玉菌が追い出してくれることで

ニキビや肌荒れが改善することが期待できます!

またこのほかにもヨーグルトには、

・たんぱく質 ・ビタミンA ・ビタミンB6 ・ビタミンC

・ビタミンE ・カルシウム ・マグネシウム

と、からだにうれしい栄養素が豊富に含まれているため、

肌荒れが気にならない人でもヨーグルトを食べると

肌に普段よりも潤いやハリが出たり、肌のトーンが明るくなったりと

うれしい美肌効果が現れることが期待できます!

 

【その3:病気の予防にも!】

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は

からだの免疫力を高める効果も期待できます!

乳酸菌は腸まで届かせる必要があるため、

ヨーグルトを選ぶ際は「生きて腸まで届く」といった形で謳われたものを

選ぶようにすると尚良いでしょう。

 

【その4:骨だって強くしてくれる!】

ヨーグルトには「カルシウム」だって豊富に含まれています。

カルシウムといえば!そう、骨や歯の元となる成分。

カルシウムを摂ることで骨を強くし骨粗鬆症を予防してくれたり、

成長期の骨の成長を手助けしてくれる効果が期待できます。

 

食べるタイミングで効果の発揮力に差が出る!?効果を感じやすいおすすめの食べ方

1801273 

ヨーグルトを食べるタイミングは、「お食事の後」で、

かつ「おやすみ前の3時間前」までに食べることをおすすめいたします!

お食事の後は胃酸が薄まっている状態のため

生きたままの乳酸菌を腸まで届けやすくなっています。

また、乳酸菌を腸まで届けるには善玉菌のエサとなる

「オリゴ糖」や「食物繊維」が必要となるのですが、

このときお食事に含まれていたオリゴ糖や食物繊維が善玉菌のエサとなるので

乳酸菌がより腸まで届けやすくなっている、というわけなんです(^^)

また、お風呂上がりなどのタイミングでヨーグルトを食べる方もいらっしゃいますが

その場合はおやすみになるまでに3時間、時間を開けるようにしてください。

眠っている時間はからだがカロリーを吸収しやすくなっています。

ヨーグルトは健康に良いイメージだから問題ないと思ったら大間違い。

糖分や脂肪分を含むヨーグルトをおやすみ前に食べてしまうと

脂肪を溜め込む原因となってしまいますので避けたほうが無難です。

最近では脂肪分ゼロ、糖分ゼロを謳ったヨーグルトも存在しますが

ヨーグルト本来の効果を得る為には通常タイプのものを摂取するのが一番なので

通常タイプのものをお食事のあとに、おやすみ前から3時間の時間を空けるようにして食べることが一番最良であるといえるでしょう。

 

いかがでしたか?

知っているようで意外と知らないことばかりだったヨーグルトの効果・効能!

あなた様も毎日のお食事の中に上手にヨーグルトをとりいれて、

からだの中も外も綺麗になっちゃいましょ(^^)♪

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら