むくみ

骨盤ゆがみ=足むくみ!?骨盤のゆがみを治してむくみスッキリの解消・対策方法

170401

腕や足がパンパンにむくんでしまう…という方。
もしかして骨盤のゆがみが気になってはいませんか?
実は骨盤がゆがんでしまっていると様々な不調がからだに現れて
その一因として「むくみ」に悩んでしまうこともあるということを
ご存知だったでしょうか?
今日はそんな「骨盤のゆがみ」と「むくみ」の関係性、そして
骨盤のゆがみのただし方についてご紹介させていただきたいと思います!

骨盤のゆがみがなぜむくみに繋がるの?

骨盤がゆがむことによって血の巡りやリンパの流れが圧迫されてしまいます。
そうしてからだの巡りが悪くなってしまうことによって
むくみの症状へと繋がってしまうというわけなんです。
他にも血行不良からの冷えの発生や代謝が滞り脂肪がつきやすくなるなど
むくみの他にも様々なトラブルの引き金となってしまう場合が多々あります。
そう、骨盤のゆがみは、ただ姿勢が悪くなるというわけでは無いのです。

そもそもどうして骨盤はゆがんでしまうの?

骨盤のゆがみは、普段何気なくとっている「姿勢の癖」が大きく影響しています。
主なゆがみの原因とされる各項目に心当たりはないかチェックしてみましょう。

 

1 足を組む癖がる、組みかたはいつも同じである。
足を組む姿勢は片方の足に大きな負荷がかかる姿勢となり、
両足の重心のバランスを乱してしまいます。
椅子に腰掛ける際は足は組まずに右足左足のひざをぴったりとくっつけて
地面にきちんと両足を着けるような形で腰掛けるようにしましょう。

 

2 ハンドバッグやショルダーバッグを同じ側の手で持っている。
外出時はバッグを持ってお出かけになる方が多いかと思いますが
いつも同じ側の手で持っている、いつも同じ側の肩にかけているといった方がほとんどだと思います。
しかし、荷物の重みで荷物を持っている、掛けている側に重心は傾いてしまうので
常に同じ側に持っているとそちら側に骨盤が傾いてしまうというわけなのです。

 

3 横向きやうつ伏せの姿勢で眠っている
就寝時の体制が横を向いた姿勢であったり、うつ伏せの姿勢で眠っている方も要注意。
横向き寝やうつ伏せ寝はからだを圧迫して負荷がかかってしまい
骨盤のゆがみの原因となってしまいます。
また、からだの巡りが悪くなることからむくみの原因にも直接繋がる恐れがあります。

 

4 前のめりな姿勢をとることが多い
パソコンを覗き込んだり、本を読んだりスマホをみたりする際に
首や腰が前のめりになってはいませんか?
思い当たる節のある方は要注意です。首や腰骨が曲がりすぎないようにピンと姿勢を張ることを意識するようにしましょう。

ゆがみとむくみにさようなら!自宅でできる骨盤ゆがみの予防・矯正・正し方

ご自宅でできるかんたんなゆがみ矯正エクササイズを3つご紹介いたします。
自分にあったエクササイズを見つけて毎日続けて骨盤のゆがみを正していきましょう!

・スクワット

①肩幅より少し広めに足を開きます。

②つま先を外側に向くように開きます。

③40〜50秒ほど時間をかけてゆっくりと腰を落としていきます。

④15秒ほど時間をかけてゆっくりと元の体制に戻ります。

⑤今度はつま先を内側に向くように開いて、同様に腰を落として戻してのスクワットを繰り返します。

 

・上体ひねり体操

①背筋をピンと伸ばしまっすぐ立ちます。

②両腕を垂直に天井に向かって伸ばし、伸ばした手の平同士をぴたりと合わせます。

③垂直に伸ばした手を、肘と膝を曲げずにそのまま右にむかってゆっくりと曲げていきます。

④限界まで曲げたら大きく深呼吸をし、ゆっくりと元の位置へ戻します。

⑤同様に左側にも行いましょう。

 

・仰向けグイグイポーズ

①床に仰向けになるようにして寝ます。

②おしりを宙に浮かせるようなイメージでひざを垂直に曲げます。

③限界まで曲げたらそのままの姿勢を20秒ほどキープしましょう。

 

いかがでしたか?
このようにからだのゆがみを綺麗に直し、からだのめぐりをスムーズにすることでむくみの改善の効果が期待できます。
それにダラっとした姿勢でいるよりも背筋がピンと張った美しい姿勢でいるほうが見栄えも良く清潔感もありますよね。

あなた様も今日から「美しい姿勢」を意識して「キレイな毎日」を送りましょう!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら