ニキビ

ニキビがかゆい!でもかいては「絶対ダメ!」ニキビのかゆみの原因と対策・対処法

できてしまったニキビがとにかくかゆい!!!

そんなお悩みをあなた様は抱えていたり、

経験したことはありませんか?

我慢できずにかいてしまうとニキビ跡としてなかなか消えずに残ってしまったり

出血を伴ってさらに状態が悪化してしまったりとその末路は散々…

でもかゆいものはかゆい!どうしても我慢できない!!

とダメと分かってはいるのにかいてしまう事、誰でもありますよね。

 

今日はそんなかゆみを伴うニキビについて。

「そもそもどうしてニキビはかゆいの?」

「かゆいときにはどう対処すればいいの??」

といった「ニキビのかゆみのお悩み」にスポットを当てていきたいと思います。

 

ニキビはなぜかゆいのか、その原因とは

ニキビの症状にかゆみが伴ってしまう場合

主な原因として考えられるパターンは下記の通りです。

 

◆乾燥によるかゆみ

ニキビがかゆくなってしまう方の多くは

「乾燥肌」にお悩みの方が非常に多いとされています。

ヒトの肌は乾燥してしまうことによって肌のバリア機能が低下してしまい

肌を保護する角層も乾燥によって剥がれ落ちてしまったりと

外的刺激に脆く弱い状態となってしまっています。

そうすると肌はどうにか水分を保とうと毛穴から皮脂を分泌させるため

皮脂をエサとするアクネ菌がそれに伴い増殖してしまい、

ニキビが発生しやすい環境も生み出してしまいます。

 

◆雑菌によるかゆみ

雑菌が繁殖してしまうのも肌のかゆみの原因につながります。

十分な洗顔ができていなかったり、フェイスタオルやまくらカバー、

メイクに使うファンデーションのパフやブラシなどを

洗うことなく使い続けている方は要注意です。

 

◆アレルギーによるかゆみ

何かしらのアレルギー体質であるという方は

「ヒスタミン」という物質が体から分泌されやすく

このヒスタミンによってかゆみを感じやすくなっています。

 

ニキビのかゆみ対策法

◆しっかりと肌を保湿する

肌が乾燥してカサカサかゆみを生じさせないようにするには

しっかりと肌に水分を貯蓄してあげることが大切です。

普段お使いの化粧水を重ねづけしたり、

高保湿を謳ったタイプのものを使うようにしたりしましょう。

このとき注意したいのが、油分の多いタイプの化粧品を使用すること。

油分が多くなると肌の皮脂分泌量が減ってしまい

保湿したつもりが逆に乾燥しやすくなったり

オイリー肌となってニキビがもっとできやすくなったりしてしまうので

油分で保湿するタイプのものは避けた方が良いでしょう。

 

◆肌に触れるものは清潔に保つ

フェイスタオルやバスタオルは毎日使用毎に変えるようにし、

化粧用のパフやブラシは専用のクリーナーで最低でも

週に1回は洗うようにして清潔を保ちましょう。

化粧水や化粧品を直接手でつける場合はもちろん

手で顔に触れる時には必ず石鹸で手を洗ってから

触れるようにしてください。

 

◆肌を冷やす

かゆみを発生させるヒスタミンは冷やすことで活動を抑えることができます。

どうしてもかゆみが我慢できない!というときは

冷やしたタオルや保冷剤などをかゆい部分に当てることで

かゆみを緩和させることができるので応急処置としてはおすすめです。

 

◆低刺激で無添加タイプの化粧品に変える

普段お使いの化粧品や化粧水の成分が自分の肌に合わずに

かゆみが生じているケースも少なくはありません。

化粧水や化粧品をつけたあとに特にかゆみが気になる、という方は

低刺激や無添加、オーガニックを謳ったタイプのものに

一度使い変えてみると良いかもしれません。

 

いかがでしたか?

ニキビのかゆみは辛いですが今回の記事を参考にしていただいて

少しでもかゆみが緩和されれば幸いです。

あまりに症状がひどい場合はお近くの皮膚科など

専門医に足を運ばれてくださいね。

 

ポツポツ、かゆかゆにおすすめなのは

ポツポツ、かゆかゆトラブルにお悩みだった方におすすめなのが、

「これだけで本当にびっくりするほどキレイになった!」と

お悩みだった方々から毎日たくさんのお喜びの声が届いている

ファンファレ自慢のサプリメント「きらりのおめぐ実」です!

1日3粒飲むだけで驚きのキレイの効果を実感できると大好評のサプリです。

今なら一袋通常5,400円のところ、通常価格から約64%オフの

1.980円で購入することができちゃいます!

数に限りがありますので

気になる方はこちらからチェックしてみてくださいね(^^)