ニキビ

徹底美白!絶対焼けたくないなら「目」にも紫外線・日焼け対策を!

日差しがだんだんと強くなってくる今日この頃…

絶対に焼きたくない!という方はもうすでに

全身にくまなく日焼け止めを

塗っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも…ちょっと待ってください!!

「全身に日焼け止めを塗っているから大丈夫♪」と

安心するのはまだ早いかもしれません!?

 

徹底して日焼け対策をしているつもりでも

「目」までは日焼け対策をしていない…

なんてことはありませんか!?

 

実は、絶対焼かない為の紫外線・日焼け対策には

目元から受ける紫外線対策が重要なポイントになってくるのです!

今日はそんな「目」と「紫外線」による日焼けについて

詳しくまとめていきたいと思います。

 

 

目から浴びる紫外線で肌を焼いてしまう!?

 

 

目から入る紫外線でなぜ肌が焼けてしまうのか?

それはズバリ、紫外線を目で受けることによって

角膜が炎症を起こしてしまうことが原因なのです。

 

それと日焼けと何の関係があるのか?といいますと、

角膜が炎症を起こしてしまうことで

脳下垂体へ「目を守ろう」という信号が発しられ、

その信号を受けた脳は防衛反応として

メラノサイトでメラニンを作り出してしまいます。

そのため、作り出されたメラニンの影響により

肌が黒く変色してしまうというわけなのです。

 

目から受けた紫外線がメラニンを作り出してしまうだなんて

本当に驚きですよね…

つまり目元に受ける紫外線ダメージをカットすることは

美白のためにもとっても重要だということなのです!

それでは紫外線ダメージから目を守るためにできることについて

ご紹介していきたいと思います。

 

 

紫外線から目を守るためにできること

 

UVカット機能のあるメガネやコンタクト、サングラスを使用する

目に直接紫外線ダメージを与えないためには

物理的に紫外線を目に届けないようにすることが一番です。

普段裸眼で過ごされている方も外に出る際はサングラスを着用したり、

視力補正でメガネやコンタクトを使われる方は

UVカットに対応したレンズのメガネやコンタクトを使用して

紫外線ダメージを目に受けないようにしましょう。

また、UVカットを謳ったメガネやコンタクト、サングラスには

UVカット率という数値が記載されているはずです。

商品を選ぶ際にはUVカット率がより優れたものを選ぶと良いでしょう。

 

日傘や帽子などを使い目元に影がくるようにする

どうしてもサングラスやメガネ等を使いたくない方は

なるべく紫外線が目に入らないように日傘をさしたり、

フチ(ツバ・プリム)の長い帽子を着用するなどして

目元に影を作って可能な限り紫外線を受けないようにしましょう。

路上を歩くときなども日陰の道を歩くようにしたり、

室内にいるときも日の当たる窓辺などは避けるようにしてください。

 

1日頑張った目には角膜保護を謳った目薬を

先述した通り紫外線ダメージを受けた目の角膜は

炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こしてしまった角膜を保護するためにも

1日の終わりには角膜保護・修復を謳った目薬を

さしてあげることをおすすめします。

市販されているものでも良いのですが

やはり一番は眼科医を受診して処方された目薬を

さしてあげることが一番目のためには良いでしょう。

市販されている目薬をさす場合は

「角膜修復成分配合」などの記述がされているものを

選んであげると良いでしょう。

 

いかがでしたか?

肌に日焼け止めを塗って日焼け対策をすることはしていても

なかなか目に受ける紫外線対策をしているという方は

少なかったのではないでしょうか?

綺麗な白い肌を目指すためにはまず「目元の紫外線ケア」を

しっかりと行うことが大切です!

目元もしっかり紫外線対策をして

あなた様も是非、周りと一歩差のついた美白肌を

今年は手に入れちゃいましょう!