レシピ話題

美味しいのに美容効果も満点!話題の「甘酒」で暑い季節にピッタリスイーツ♪

5月も下旬に入り気温もグングン上がっていますが、いかがお過ごしでしょうか?

先日ニュースで沖縄と鹿児島県奄美地方が梅雨入りしたと聞いて

「もうすぐ夏がやってくるなぁ・・・」と感じています。

 

さて、夏といえば冷たいスイーツが食べたくなりますよね!

しかし、「スイーツってカロリー高そうだし・・・(-_-;)」とお悩みの方も

多いと思います。

  

そこで今回は【甘酒】を使った暑い季節にピッタリのスイーツレシピをご紹介します!

甘酒は美容効果が満載ということで今話題沸騰中なんですよ(^^)

是非お試しいただいて心も体も大満足!な夏を過ごしてくださいね!!

 

 

そもそも甘酒ってなぁに?

甘酒には2つの種類があります。

それは「米麹」からつくられているものと「酒粕」からつくられているものです。

 

酒粕からつくられる甘酒は日本酒を製造するときにできる酒粕を水で溶いてつくられます。

甘味が薄いため、一般的には砂糖が加えられています。

また、酒粕にはアルコール分が含まれているためできた甘酒にも少々アルコールが含まれます。

車を運転する方や未成年者、妊婦さんは飲まないようにしてくださいね!

 

米麹からつくられる甘酒は米麹・米・水を混ぜて発酵させてつくります。

独特の甘味は米のデンプンが発酵してできるブドウ糖の甘みなんです。

米麹の甘酒はアルコールを含まず、分類上もソフトドリンクとなります。

 

この2つの種類の甘酒の中でも特に栄養価が高いと言われているのは「米麹」からつくられた甘酒です。ノンアルコールであることも考えると米麹でできた甘酒を選ぶようにするといいですね。

 

 

甘酒の美容効果とは?

「甘酒って体に良いらしいよ!」と聞いても具体的にどんな効果があるかご存知ですか?

実は甘酒は女性に嬉しい効果がたくさんあるんですよ!!

甘酒のすごいポイントをご紹介しますね(^^)

 

①美肌効果

甘酒は米麹を発酵させて作られています。米麹を発酵させる際にできる「コウジ酸」はメラニン色素の活性や合成を抑える役割があるのでシミ予防や透明美肌づくりに効果があります。

 

②ダイエット効果

麹が含まれる甘酒は腸内環境を整え、お通じの改善に役立ちます。また、栄養素の吸収力が上がり代謝も高まるので食べても太りにくくなるんです!

 

③快眠効果

腸内環境が整うことによって安眠をもたらすメラトニンの力が発揮されます。甘酒により腸内環境が改善されると良質な睡眠につながると考えられています。

 

④便秘解消効果

甘酒に含まれるオリゴ糖と食物繊維は便秘解消に効果があります。

オリゴ糖は腸内にいる善玉菌の栄養となり、摂取することで大腸が元気になります。

食物繊維は腸内の老廃物を掃除する効果があります。これらの効果によって甘酒を飲むと便秘が解消されるのです。

 

 

しかし、甘酒ってちょっと苦手という方も多いのではないでしょうか?

そこで甘酒が苦手な方も美味しく食べれる夏にピッタリなスイーツレシピをご紹介します!

 

 

甘酒とレモンのアイスクリームのつくりかた

材料

・甘酒          ・・・300ml

・生クリーム       ・・・200ml

・砂糖(生クリーム用)  ・・・大さじ3

・レモン         ・・・1

・砂糖(レモン用)    ・・・大さじ1

 

 

作り方

①レモンはよく洗って水気を切り、5mmのいちょう切りにして耐熱皿に並べます。

砂糖(レモン用)をふりかけ、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)で1分加熱します。

 

②ボウルに生クリームと砂糖を入れて8分立て(ツノが立つくらい)に泡立てます。

 

③②に甘酒を混ぜながら加え、①のレモンも加えて混ぜて保存容器に流し入れます。

 

 

 

④冷凍庫で冷やし固めて完成です!

 

いかがですか?

とっても簡単ですよね(*^_^*)

ひんやりしていて暑い季節にピッタリです!!

味も美味しいので是非試してみて下さい。

 

それでは今日はこの辺で・・・。

 

あなた様の今日1日がアグレッシブになりますように・・・。