杉野の「私の兄弟」

こんにちは!

ファンファレスタッフの杉野です。

 

今回のちょっぴり、まったり、ほっこりのテーマが「私の兄弟」ということで、僕の兄弟についてお話したいと思います。

 

僕には、兄が一人、姉が一人います。

つまり、3兄弟の末っ子ということになります。

 

本当にファンファレには末っ子が多いですね〜。

 

ただ、僕の場合は兄弟と年が離れていることもあり(兄とは17歳ぐらい、姉とは14歳ぐらい離れています!)、どちらかというと一人っ子に近いんじゃないかなーと自分では思っています。

 

さて、そんな年の離れた僕の兄と姉。

 

彼らのことを正確にお伝えすることはなかなか難しいのですが、とても個性豊かな人たちであるということは自信を持って言えます。

 

まずはその見た目。

 

ホームページなどで僕の写真を見たことがある方はお分かりになるかと思うのですが、僕は人に比べると顔が濃いです。

 

ひとつひとつのパーツの自己主張が強く、人からは「顔が騒がしい」などと言われます。

 

ですが、そんな僕の顔をはるかに超えるレベルで、僕の兄弟たちは濃ゆくて騒がしい顔をしています。

 

特に兄は、ちょっと僕の人生でも他に見たことが無いほど、はっきりした顔の持ち主。

 

彼の顔の騒がしさがパチンコ屋だとしたら、僕の顔の騒がしさなんて、早朝の湖のようなものです。

 

分かりやすく有名人で例えるなら、この事実に気づいたとき僕自身も非常に驚いたのですが、彼は、伝説のギタリスト「ジミ・ヘンドリクス」に似ています。

 

ご存じない方もいらっしゃると思うのですが、ジミヘンは至上最高のギタリストと言われるぐらいすごい人で、しかも完全な黒人です。

ちょっと見た感じ、黒人の中でも濃い顔立ちをしているほうかもしれません。

 

日本人でありながら、そんな黒人のジミヘンに並ぶ程の顔の濃さを持っている僕の兄。

 

ここまで顔のことしか言っていませんが、偉大なギタリストに顔が似ているというだけでなく、彼もまた偉大な人物であると、僕は思っています。

 

辛いことがあっても弱音を吐かず、彼はいつも冗談を言って家族みんなを明るくしてくれます。

何か困ったことがあったら、嫌な顔ひとつせずすぐに助けてくれます。

 

真面目に働いて、3人の子どもたちを育て、長女は今年の春に無事就職することができました。

 

ギターを歯で引いたり、40万人の聴衆の前でアメリカ国歌を演奏したり、そんなことは出来ませんが、

一人の男として、家族を守って前向きに生きている姿はとてもかっこいいですよね。

 

次に姉。

この姉もなかなかに興味深い人物なのです。

 

まずその格好がちょっとなんというか、若いと言えば若いのですが、非常にパンチがきいています。

 

サイドを刈り上げ、髪をツンツンに逆立てた、まるで往年のパンクロッカーのようなヘアスタイルに、

ダボッとしたオーバーオールを着て、華奢な体に似合わないゴテゴテしたワークブーツ。さらに、その下のくつ下は左足にはガチャピンの顔、右足にはムックの顔が大きくプリントされていたりして、

道であったら三度見してしまうことは間違いなし、という尖った服装をしています。

 

実家に帰るたびに、「う〜ん、今日もなかなかパンチが効いてるな〜」と思うのですが、

でも、自分を持ってるって素敵なことかもしれないと、妙に羨ましくなったりもするんですよね。

 

キャラクターもなかなか特徴的で、僕らは福岡の南の方の出身なのですが、まるで江戸っ子のように気っぷの良い人です。

 

僕がモゴモゴ話していると(僕はよくモゴモゴ話します)、「モゴモゴ話しよったっちゃ分からん!はっきりしゃべらんね!」と怒られます。

 

「う、うん、ごめん…。でも、そこまで言わんでも…モゴモゴ」

「せからしか!」(福岡の方言で、うっとうしい、とか面倒くさいとか、そんな意味です)

 

怖い姉です。

 

そんないちいちパンチの効いた姉ですが、

実はすごく情に厚く優しくて、なんだかんだ言いながらも僕の相談にのってくれたりします。

 

まぁ、何を相談しても、最終的には「男やったらシャキッとせんかい!」みたいなところに落ち着くのですが、

腹の据わった姉と話していると、知らず知らずのうちに元気が出てきます。

 

仕事をしながら子どもを育て(4人も!)、色々と苦労が絶えなかったと思いますが、そんなそぶりは一切見せず、いつも笑ってたくましく生きている姿は本当にすごいなと思います。

 

僕もそんな兄と姉に負けないように、しっかりと頑張っていきたいですね。

 

今回は僕が子どもの頃姉と聞いていたシャ乱Qさんの「いいわけ」と一緒にお届けしました!

 

次回は山本の「わたしの兄弟」です!

お楽しみに!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら