話題の「オイル美容」あなたにぴったりのオイル教えます!

美容アイテムとして根強い人気がある話題の「美容オイル」!

ホホバオイルやアルガンオイルなどが主に有名かとおもいますが

オイルにはほかにもたくさんの種類が存在しています。

オイル美容に挑戦してはみたいけれど、

どのオイルを選べばいいかわからない!

そもそも美容オイルの使い方ってどう使えばいいの??

今日はそんな「オイル美容」について、用途にあった選び方や

使い方を詳しくご紹介してまいりたいと思います(^^)

 

こんなにあった!美容オイルの種類とオイル別の特長

ホホバオイル

美容オイルの中でも一番の知名度を誇るホホバオイルは、

肌に似た成分で浸透力が良く、肌質を選ばず全ての肌質の方に合います。

保湿力に優れており肌を柔らかくしてくれ、ハリや弾力を

もたらす効果が期待できます。

髪の傷みにも効果的で、抜け毛や頭皮トラブルにも良いと言われています。

多数のメーカーから販売されており、

比較的入手しやすいことも特長と言えるでしょう。

 

アルガンオイル

アルガンオイルはモロッコに生えるアルガンという植物から

搾取されるオイルです。

100kgのアルガンの実の中からわずか1リットルしか搾取できないと

言われている、大変貴重なオイルです。

ビタミンEが豊富で、抗酸化作用に優れたポリフェノールも含まれ

アンチエイジングに優れているオイルと言えます。

若々しい肌になりたい方におすすめのオイルです。

 

ココナッツオイル

海外セレブの間で話題なのがこのココナッツオイル。

ココナッツオイルで注目したいのが「ラウリン酸」という物質です。

このラウリン酸は私たち人間の母乳にも含有されている成分で

抗菌作用に優れ免疫力強化に効果を発揮します。

ニキビや吹き出物などの肌トラブルにお悩みの方におすすめのオイルです。

 

オリーブオイル

オリーブオイルに含まれるオレオカンタールという成分が

抗炎症作用に優れ、ニキビや吹き出物などの肌トラブルに

効果を発揮します。

また、食用のオリーブオイル同様にビタミンが豊富で

肌荒れ防止に効果が期待できるビタミンA

乾燥肌にお悩みの方におすすめの保湿効果が期待できるスクワラン、

アンチエイジングに効果が期待できるポリフェノールなどと、

たくさんの美容効果が期待できます。

 

椿油

椿油と聞くとダメージヘアケアオイルといった印象が

強いかと思いますが、実は椿油の主成分は

オレイン酸トリグリセリドと呼ばれる

人間の皮脂に非常に近いものでできているのです。

保湿力に優れ、肌に優しく馴染みやすいのに

ベタベタせずにサラサラとしたテクスチャーなので

オイルの感触が苦手な方にも取り入れやすい美容オイルとなっています。

 

アーモンドオイル

最近ではアーモンドミルクというアーモンドから抽出されたミルクも

スーパーで良く見かけるくらいに注目を集めているアーモンドの美容パワー。

そんなアーモンドから搾取するアーモンドオイルは、

ビタミンやミネラル、リノール酸やオレイン酸といった

美容成分がたっぷり含まれておりますが

特に注目したい美容効果が、メラニン細胞を生み出す

メラノサイトを抑制する効果があるという点!

美白効果に優れ、肌のくすみを取って透明感溢れる肌へと

導いてくれる効果が期待できます。

 

美容オイルの使い方

化粧水前の導入ブースターとして使う

化粧水を肌につける前に、美容オイルを肌になじませることで

オイルの効果により肌を柔らかくして、

化粧水の浸透力を高めてくれる効果が期待できます。

 

クレンジングオイルとして使う

いつものクレンジングオイルの代わりに

美容オイルでメイクを落とすのにもお使いいただけます。

通常のクレンジングよりも肌に優しくメイクを落とすことができます。

ただしお使いのメイク用品によっては十分にメイクを

落とすことができない場合もあります。

 

マッサージオイルとして使う

ボディマッサージを行う際に、マッサージオイルとして

お使いになるのもおすすめです。

オイルなので滑りが良くマッサージしやすくなるだけではなく

オイルが肌に浸透してふっくらと柔らかな美ボディへと

導く効果も期待できます。

 

いつものスキンケアにプラスして使う

スキンケアの一番最後に美容オイルをプラスする使い方です。

各オイルの美容効果はもちろん、オイルを最後使うことによって

保湿力をより高め、過剰な皮脂を抑える効果も期待できます。

 

 

いかがでしたか?

美容オイルはたくさんの種類があります。

記事を参考に自分に合うオイルを見つけてくださいね(^^)