むくみ

お風呂でケアできるむくみケアマッサージ方法

梅雨の時期に突入し、梅雨が明ければ暑い夏がやってくる!

となると、薄着のシーズンも一緒にやってくるわけですが、

肌の露出が増える分気になるのが足や腕の「むくみ」について。

今日はそんな気になるパンパンむくみをお風呂でケアできる

むくみケアマッサージ方法についてご紹介させていただきたいと思います(^^)

 

シャワーを使ったむくみケア方法

まずはシャワー派の方へむけたむくみケア方法のご紹介です。

秋冬など気温が低い時期は湯船に浸かるけれど

この時期はシャワーで済ませてしまうという方は

多いのではないでしょうか。

そんな方も毎日のシャワータイムを有効に活用して

むくみケアを行うことができますのでぜひ実践してみてくださいね!

 

温かいお湯と冷たい水を交互に浴びせる

むくみの気になる部分に、温かいお湯と冷たい水を交互に浴びせることで

血管が拡張と収縮を繰り返しポンプのような動きになることで

巡りがよくなりむくみを解消する効果が期待できます。

また、温冷交互に刺激を与えることで自律神経が交互に刺激され

ストレスを和らげてくれる効果も期待できます。

急激に熱い温度や冷たい温度に設定すると危険なので

必ず40度前後〜20度前後の温度差で行うようにしてください。

また、心臓から遠い足先の位置から行うようにしましょう。

温かいお湯と冷たい水を交互に浴びせた後は

仕上げにつま先または指先から上方向にむかって

揉みほぐすようにマッサージしてあげれば完了です。

 

むくみの気になる部分にくるくるとシャワーを動かしながらお湯を当てる

むくみの気になる部分にシャワーの水圧を利用してマッサージを行うのも効果的です。

気になる部分に向けてシャワーでお湯を当てて

くるくると円を描くようにシャワーを動かしながら水圧でマッサージを行います。

ひざの裏やひじの裏の部分にお湯を当てて温めてから

手の指を使って揉みほぐすようにマッサージするのも効果的です。

 

浴槽に浸かってできるむくみケア方法

毎日しっかり湯船に浸かっている!という方へ向けた

むくみケアの方法もご紹介させていただきます!

 

38度のお湯で半身浴をする

湯船に浸かる際は、お湯の温度を38度とぬるめに設定した上で

30分ほどしっかりと半身浴を行うようにすることがオススメです。

38度とぬるめの温度のお湯に長時間浸かることで

無理な負担をかけずにからだの芯までじんわりぽかぽかと温め

巡りがスムーズになりリンパの流れも活性化され

汗とともにからだの中に蓄積されていた余分な老廃物が排出され

むくみ解消の効果が期待できます。

 

お風呂の中でむくみの気になる部分をマッサージする

お風呂に浸かっている間の時間を使ってマッサージを行いましょう。

お湯に浸かりながらマッサージを行い、

むくみが気になる部分を温めながら刺激を加えることで

よりマッサージの効果が高まります。

マッサージを行う際はむくみの気になる部分の

リンパの流れに沿ってマッサージを行うと良いでしょう。

リンパを流す際は「骨に沿って流す」ことが効果増大の鍵!

骨に沿ったリンパマッサージの方法は

詳しく別記事でご紹介させていただいておりますので

ぜひそちらの記事も併せてチェックしてみてくださいね。

 

リンパを流すなら「骨に沿って流す」が吉!からだスッキリマッサージ方法

http://fanfare-shop.com/al/archives/5141

 

 

むくみケアのためには毎日湯船に浸かった方が吉◎

湯船にしっかりと浸かることでからだ全体を均一に温めることができるため

からだ全体の巡りが良くなりむくみ改善の効果が期待できます。

面倒でも毎日お湯を溜めて湯船に浸かることをおすすめいたします。

 

 

お風呂はむくみケアするのに最適な空間?

毎日湯船に浸かる方も、シャワーで済ませる方も

1日の終わりに入るお風呂の時間は、汚れを落とすだけではなく

心や体の疲れも一緒に洗い流されるような

リラックスした気持ちになれますよね。

実はリラックスした気持ちになれるのには理由があって、

体にお湯を浴びることによって血の巡りが良くなり

汗をかくことでデトックス効果があり体内の老廃物も体外へ出るので

自然とスッキリとした気持ちになるのです。

 

 

いかがでしたか?

毎日入るお風呂だからこそより有効に時間を活用して

疲れもむくみも一緒にケアする時間にしましょう(^^)

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら