レシピ

冷やし〇〇レシピ★冬のホクホクメニューの定番「おでん」を冷たく頂きます!

こんにちは(^u^)

アグレッシブライフスタッフの菊池です。

 

毎月4回にわたってお届けしているレシピ企画。

 

今回のテーマは「冷やし〇〇」ということで

本日は、「冷やしおでん」のレシピをご紹介いたします!

 

おでんといえば、冬に食べたくなるメニューですよね。

いろんな野菜や練り物といった食材に、出汁が染みて

心も体も温まる料理の定番です。

 

そんなおでんですが、今日は冷たく頂こうと思います!!

今日は朝から蒸し暑くて、いつも通り出勤しただけでランニングしてきたのかと思うほど汗をかきました。

 

こんなに暑い日はやっぱり熱い物より冷たい物ですよね!

 

では早速レシピをご紹介いたします\(^o^)/

 

冷やしおでんの作り方

材料

・トマト

・大根

・オクラ

・卵

・玉ねぎ

・ウインナー

※具材はお好みで

※今回用意した出汁の量は、だいたい2〜3人前です。

○だし汁…500ml

○薄口醤油…大さじ2

○オイスターソース…小さじ1

○酒…大さじ2

○みりん…大さじ2

○砂糖…小さじ1

○塩…少々

○生姜チュープ…2cm

 

 

手順

まず、大根と玉ねぎは皮をむき輪切りか半月切りにします。

玉ねぎは煮崩れてバラバラになってしまうので爪楊枝でとめておきます!

ゆで卵も作っておきましょう。

 

○の材料を鍋に入れ、一煮立ちしたら大根を入れて煮込みます。

 

アクを取りながら10分ほど煮込んだら玉ねぎを入れて

さらに5分ほど煮込んだら卵・ウインナーを入れます。

大根や玉ねぎを煮込んでいる間にオクラとトマトを準備しておきましょう!

 

オクラはがくを切り塩をまぶしてまな板の上でコロコロと転がした後、下ゆでしておきます。

 

トマトは湯むきします。

トマトのへたの反対側に、十字の切り込みを浅く入れたら沸かしたお湯に入れます。

 

10秒くらいすると切り込みを入れたところがペロッとめくれるので

すぐに冷水につけると簡単に皮がむけます。

 

 

初めてトマトの湯むきをしたんですが、

すごく簡単でびっくりしました!

 

大根が柔らかくなったら、火を止める直前にオクラとトマトを入れて

粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成です\(^o^)

 

私は、玉ねぎを大根とほぼ同じタイミングで入れてしまったので

玉ねぎがかなりトロトロになってしまいました。

爪楊枝で刺していたのに、ほとんどが外れてしまっていたくらいです。

 

 

初めての冷たいおでんとっても美味しかったです。

煮込むだけなので簡単だし、これからの季節はぜひおすすめです♪

 

 

ちょっと話は変わるんですが、

先日友達からお土産でパイナップルのワインをもらいました。

それを友達と飲もうとしたところ、しっかりコルクの栓がされたワインだったんですが

ワインより焼酎派の私のうちにはワインオープナーなんてあるはずもなく

開けれない!飲めない!どうしよう!とアタフタ…

深夜だったので、お店も開いてないし

家具を買った時についてきた釘を刺してみたり

ハサミを刺してみたりしましたがコルクの栓は抜けず。

 

ネットで調べたら、バスタオルなどでワインボトルの底をしっかり巻いて

地面にワインの底を叩きつければ

コルクがだんだん上がってくるというのを見つけて

わざわざ外に出てやってみましたがビクともせず(笑)。

 

その後、最終手段としてネットにのっていた

「コルクを中に落とす」を試してみようと

諦め半分で、コルクにフォークを刺して

コルクを押し込んでみました。

 

すると、スルッポシャッ!と

あっさりコルクが中に落ちてくれました。

あの時の喜びといったら、もう。(笑)

 

苦労して開けただけあって、とっても美味しく頂けました(笑)。

 

といったところで、

次回の「冷やし〇〇」レシピもお楽しみに!

 

それでは今日はこの辺で…。

 

あなた様の今日1日がアグレッシブになりますように☆

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら