レシピ

冷やし〇〇レシピ★福岡名物「冷やしごぼ天うどん」

みなさんこんにちは!アグレッシブライフの畠中です。

毎月4回にわたってお届けしているレシピ企画。

今月のテーマは、暑いこの季節にピッタリの「冷やし〇〇」

お届けしているのですが、

2回目の今回は!

福岡名物「ごぼ天うどん」の冷やしうどんバージョン、

「冷やしごぼ天うどん」のレシピをご紹介いたします!!

 

…といっても、作り方は温かいか冷たいかでしか差がないのですがね。笑

 

暑い夏に冷たいうどんはツルっと食べることができるので

夏バテ気味な方はもちろん食欲があまり湧かないという方にも

おすすめのレシピです!

ぜひ皆様作ってみてくださいね(^o^)

 

それでは早速、冷やしごぼ天うどんの作り方をご紹介させていただきます!

 

冷やしごぼ天うどんのつくりかた

材料

  • うどん1玉
  • 牛肉 150g
  • 砂糖 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • ごぼう 1/2
  • 天ぷら粉 100g
  • 150ml
  • 卵 1個

 

【うどんつゆの材料】

  • 水 1/2カップ
  • しょうゆ 大さじ2
  • 酒 小さじ1
  • みりん 小さじ1/2
  • 顆粒だし 小さじ2

 

 

手順

①まず初めに、うどんのつゆを作ります。

鍋に水・しょうゆ・酒みりん・顆粒だしを入れて火にかけます。

②軽く沸騰したら火を止めます。器に移し、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

③たまごを茹でます。半熟くらいの固さになるよう沸騰したお湯で5分ほど茹でたら、氷水へ移します。

④牛肉をフライパンで炒めます。お肉に火が通ったら砂糖としょうゆを加えて味付けをします。

⑤ごぼうを斜めにスライスするように切っていきます。

お好みの食感に合わせて厚みや長さは調節していただいて大丈夫です!

薄く切るとごぼうチップスのようにサクサクとなりますし、

厚く切ると歯ごたえが出ますよ(^o^)

⑥切ったごぼうを天ぷら粉と水を溶かした液の中にくぐらせて、油でカラっと揚げます。

⑦うどんを茹でます。お好みの茹で加減になったら氷の入ったざるへ移し、

流水ですすいでうどんを冷まします。

⑧作っておいたうどんつゆを冷蔵庫から取り出します。

⑨うどんつゆに冷ましたうどんを加え、揚げておいたごぼ天と味付けした牛肉をトッピングし、最後に半熟に湯でておいたたまごを落とし入れたら完成です!

 

ちょっと欲張りすぎて具を盛りすぎてしまいました。笑

ですが味はとっても美味しかったので是非皆様も作っていただけたら嬉しいです!

 

ご存知ですか?ごぼうの持つ「夏バテ防止力」

今回使用した食材の「ごぼう」。

ごぼうには食物繊維が多く含まれており便秘に効果が期待できることは

皆様ご存知の方もいらっしゃったかと思いますが、

実はごぼうは食物繊維だけではなく、

からだが元気になる成分「アルニギン」も含まれていることは

ご存知でないという方が多いのではないでしょうか?

 

 

アルニギンは筋肉を強化して、疲労を回復し

新陳代謝の向上に効果が期待できます。

ごぼうは実は昔から「元気がでる食べ物」と言われており

かの豊臣秀吉もわざわざ故郷の尾張から特報品を献上させていたと

言われているほどなのです!

 

また、ごぼうは歯ごたえがあるため咀嚼回数(噛む回数)が自然と増え

そのかみごたえによって唾液腺ホルモンが分泌されます。

この唾液腺ホルモンに含まれているパロチンという成分に

骨や歯を丈夫にし筋肉や血管を強くする効果が期待できます。

 


 

いかがでしたか?

今回は冷やしうどんとしてご紹介いたしましたが、

冷やさない場合は作ったうどんつゆを冷蔵庫にいれずに

温かいままお使いいただくだけなので

ぜひ季節問わずうどんが食べたくなった時には作っていただけたら嬉しいです(^o^)

それでは今日はこの辺で…。

次回の「冷やし〇〇」レシピも楽しみにしていてくださいね♪

 

あなた様の今日1日がアグレッシブになりますように!

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら