カラダ

肌見せの季節は要注意!ムダ毛を濃くしてしまう習慣

7月に入り、季節はいよいよ夏本番。

この季節はオフショルのトップスやショート丈のデニム、

水着といったように肌を見せる機会が増えてきます。

ダイエットも気になりますが、それと同じくらい気になるのがムダ毛。

実はムダ毛が濃くなる習慣があるんです!

知らず知らずのうちにムダ毛を濃くしちゃっていませんか?

今回はムダ毛を濃くしてしまう習慣をご紹介していきます。

 

 

ムダ毛が濃くなる習慣

①肉中心の食生活

肉中心の食生活を続けていると、摂取した脂質を排出するために体毛が濃くなると言われています。体毛は抜け落ちる際に体内の毒素を排出しており、肉を多く食べ過ぎると体が過酸化脂質をたくさん外に出すようになります。するとこの排泄がスムーズに行なわれるよう毛穴が大きくなっていき、その毛穴に合わせて体毛も濃く太くなっていくそうです。

肉中心の食生活ではなく、和食メインの食生活を送るようにしましょう。

 

②暴飲暴食、偏った食生活

同じ食材ばかり食べたり、暴飲暴食をしたりすると食事の栄養が偏り体内のホルモンバランスが乱れてしまいます。その結果男性ホルモンが増え、逆に女性ホルモンが減ってムダ毛が濃くなることがあるようです。3食バランスの取れた食事をするようにしましょう。また、牡蠣や長ネギ、にんにく、ニラなどは男性ホルモンを活発にするので食べすぎには注意しましょう。

 

③無理なダイエット

無理なダイエットをして急激に体脂肪を減らしてしまうと女性ホルモンも減ってしまう可能性があります。また、急激なダイエットは髪や肌に栄養が行き渡らなくなるので美から遠ざかってしまいます。きちんと栄養を摂りながら運動をして健康的に痩せるようにしましょう。

 

④夜型の生活

夜更かしばかりしている夜型の生活は自律神経が乱れやすくなります。すると、ホルモンバランスが崩れてしまいムダ毛が濃くなってしまいます。

朝起きて夜寝るというリズムに戻し、自律神経を整えましょう。

 

⑤ストレスを溜める

ストレスを溜めると男性ホルモンが多く分泌されるようになり、体毛が濃くなってしまいます。しっかりリフレッシュしてストレスを溜めないようにしましょう。

 

⑥たばこを吸う

喫煙は女性ホルモンのエストロゲンが分解されます。また、たばこの煙にはたくさんの有害物質が含まれているため血管を収縮させるおそれがあります。血管が収縮すると血液のめぐりが悪くなりホルモンバランスが乱れてしまいます。つまり、たばこはムダ毛を濃くする原因になってしまうのです。その上、たばこは百害あって一利なしと言うように肌や健康にも悪影響を及ぼすためなるべく禁煙するようにしましょう。

 

⑦身体の冷え

体毛には体温を維持して冷えを防ぐ働きがあります。そのため、身体が冷えると自然と身体を守ろうとし、ムダ毛が濃くなると言われています。

夏でも湯船に浸かって身体の芯まで温まったりクーラーに当たりすぎないよう注意するようにしましょう。

 

⑧皮膚への刺激やダメージ

ムダ毛を処理する際にカミソリで肌を強くこすったり、毛の流れに逆らったり、何も付けずに剃る「から剃り」は皮膚に刺激を与えます。すると肌を守ろうと毛が濃くなってしまうことがあるそうです。ムダ毛の処理の頻度は少なくし、剃る際はシェービングクリームを使って毛の流れに沿って剃りましょう。処理後は冷やしてしっかり保湿をしてあげましょう。

また、「カミソリでムダ毛を剃ると毛が太くなる(濃くなる)」というのは間違いです。毛というのは先端にいくにつれて細くなっています。従って、カミソリで剃ると剃った面が円柱となり見える部分が太くなるので毛が太く(濃く)なったように見えるのです。

 

 

いかがでしたか?

何気ない習慣が実はムダ毛を濃くしているんです。習慣を見直してツルスベ肌で今年の夏を思いっきり楽しみましょう\(^o^)

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら