カラダ

背中の痛みを緩和する背中ストレッチで筋肉をほぐしてコリもスッキリ!

「最近腰が痛い…」

「背筋がこり固まっている…」

そんな風に思ってはいませんか?

 

毎日パソコンやスマートフォンなどの画面に向き合い気味な現代人は

背筋が曲がって背中の筋肉が凝り固まりがちです…。

 

腰の痛みが気になりだすと、単純に痛みだけではなく集中力も低下して

仕事や家事などの作業に悪影響を及ぼしてしまいますよね。

 

湿布薬を貼ったりマッサージを受けたりなど

背中のコリの解消のための方法は多々ありますが、

今回は自宅やちょっとした空き時間にかんたんにできる

背中のコリをほぐす背中ストレッチの方法を

ご紹介してまいりたいと思います!

 

背中のコリをほぐすストレッチ方法

背中の腰の部分をほぐすストレッチ

背中の最もこりやすい部分、腰の筋肉をほぐすストレッチを

ご紹介いたします。

 

まずはリラックスした状態で、仰向けになりましょう。

床に対して肩が離れないように、ぴったりと密着させるようにしてください。

その状態で膝が顔の前にくるように足をあげ曲げていきましょう。

力まないように自然な呼吸を意識して行いながら

そのままの姿勢を20~30秒間キープしてください。

肩甲骨をほぐすストレッチ方法

背中から肩のあたりにかけての肩甲骨をほぐすストレッチを

ご紹介いたします。

 

椅子にこしかけた状態で前かがみになり

片足の膝小僧を両手で抱えるようにして持ちます。

抱えた手をしっかりと外れないようにして

前かがみになった体を反らすように起こしていきます。

そのままの姿勢を20-30秒間キープしてください。

終わったら抱える足を入れ替えて同様のセットを行いましょう。

背中〜肩・腕にかけての筋肉をほぐすストレッチ

背中〜肩・腕にかけての筋肉をほぐすストレッチをご紹介いたします。

 

両腕を後ろに回して両手を組みます。

組んだ手をそのまま肘を曲げずにピンと腕を張ったままの状態で

ゆっくりと上方向に持ち上げるように動かしましょう。

そのままの姿勢を20-30秒間キープしたら

ゆっくりと腕を下におろしましょう。

 

背中はそもそもどうしてこるの?

背中のコリは、主に姿勢が悪いことによる血行不良が

原因となります。

普段の姿勢が猫背ぎみになっていたりはしませんか?

ピンと真っ直ぐした背筋を意識して

日毎から美しい姿勢を保つように心がけましょう。

 

また、背中のコリは自律神経のバランスが乱れて生じる場合もあります。

人間関係や仕事関係での悩みや不安によって生じるストレスや過労、

夜更かしを重ねたり食生活が乱れたり雨するなど、

様々な要因が重なって自律神経が乱れてしまうことによって

背中がこってしまう原因を生み出します。

普段の生活習慣を今一度見直し、ストレスは溜め込まないように

都度発散させるようにしてくださいね。

重度の腰痛を感じる場合は必ず専門の医療機関に相談しましょう

なかなか腰の痛みやコリが解消しない方は

必ず専門の医療機関の検診を受けるようにしてください。

その痛みは、単なる筋肉痛による腰の痛みではない可能性もございます。

痺れを伴ったり、痛みが増強したり、痛みに強弱があったりする場合は

お身体のためにもぜひお早めに検診を受けることをお勧めいたします。

 

普段から腰のためにできること

最後に、腰に負担をかけないために

普段から心がけたいことをまとまさせていただきます。

 

①姿勢はまっすぐ美しく保ちましょう。

②毎日のお風呂は浴槽に浸かって腰をしっかりと温めてあげましょう。

③からだはなるべく冷やさないようにしましょう。

④暴飲暴食を避け健康的な食生活を心がけましょう。

⑤睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。

⑥ストレスを溜め込まずに上手に発散させるようにしましょう。

⑦ストレッチを定期的に行い筋肉をほぐすようにしましょう。

 

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら