気がついたら髪がペタンコ(*_*)という方は必見!髪をボリュームアップさせる方法!

鏡を見ると「あれ?最近髪のボリュームが少なくなってきた・・・?」と思った経験はありませんか?

また、せっかく朝キレイに整えた髪もすぐにペタンとなってしまうことありますよね。雨が降ったり湿度が高い日は余計にペタンコ・・・。

髪にボリュームがないと老けた印象を与えてしまいます。

 

でも、あきらめるのはまだ早い!普段のヘアケアやスタイリング方法を見直すとボリュームアップも夢じゃありません!

今回はボリュームがなくなる原因と解決策をご紹介します。

 

髪にボリュームが出ない原因

年齢に関係なく髪のボリュームがなくなるとお悩みの方も多いでしょう。

髪がペタンとなってしまう原因は大きく分けて4つあります。

 

髪質

元々の髪質は髪のボリュームに大きな影響を与えます。

「髪が細い」「髪が柔らかい」「髪にコシがない」といった髪質の方はすぐに髪がペタンとなってしまいます。

髪が傷んでいる

激しいカラーを繰り返したり、きついパーマをかけたり、同じ場所で髪を結び続けたりと髪や地肌に負担をかけすぎると髪が抜ける、髪が細くなる、枝毛や切れ毛が増えるという症状が出やすくなります。すると髪のボリュームもなくなってくるのです。

加齢によるホルモンバランスの変化

髪の成長にはホルモンバランスの影響を受けてしまいます。10〜20代の髪は1本1本がしなやかで健康な髪が多いのですが、加齢とともにホルモンバランスが乱れると抜け毛が増えることがあります。

生活習慣の乱れ

髪も肌と同じでしっかり栄養を摂らないと衰えてしまいます。また、ストレス・食生活の乱れ・血行不良・睡眠不足・自律神経の乱れも髪に栄養が行き渡らなくなって髪が細くなったり抜け毛が増えたりします。

 

髪のボリュームをアップさせる方法

シャンプーを変えてみる

ペタンコ髪の対策としてシャンプー選びは重要です。特におすすめなのがアミノ酸系シャンプーとノンシリコンシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪へのダメージが少なく、髪が細くなるのを防いでくれます。髪に栄養が行き届きやすくなるのでハリやコシが生まれるかもしれません。しかし、洗浄力が弱いので整髪料の洗い残しには注意が必要です。

 

また、ノンシリコンシャンプーはシリコンがない分、髪に重さが生まれないのでボリュームアップ効果が見込めます。しかし、髪の毛が熱や摩擦に弱くなりやすいので髪の保護をしっかりと行いましょう。

正しくドライヤーを使用する

ドライヤーで乾かす時は髪の下から温風が当たるようにします。上からドライヤーの熱を当てると根元がペタンコになってしまいます。根元が立つように髪の内側から乾かしましょう。

根元をしっかり乾かしたら髪全体に空気が入るようにドライヤーを当てましょう。髪の流れとは反対向きに乾かします。分け目は気にしないで乾かすことがポイントです。

最後に分け目をセットすれば頭頂部にボリュームを持たせることができますよ。頭頂部と後頭部に髪にボリューム感が出ますよ。

 

しっかりスタイリングする

せっかくしっかりと髪を乾かしてもスタイリングしないと長時間ボリュームをキープすることはできません。ペタンコ髪にはスプレータイプのスタイリング剤がおすすめです。ボリュームを出したい箇所の髪の内側からスプレーをして髪を持ち上げるだけなので簡単です。

生活習慣を改善する

髪の毛の材料となるのがタンパク質です。そこで、タンパク質を髪の毛に変えるミネラルやビタミン類などバランス良く栄養を摂取することが健康な髪の毛には必要です。

 

髪の毛の成長を促す成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。そのため睡眠もしっかり取りましょう。

 

ストレスも血行不良の原因となり、髪に悪影響です。適度に解消してあげることが大切です。

 

 

今回は気になるペタンコ髪の原因と髪をボリュームアップさせる方法についてご紹介してきました。しかし、日常にちょっとひと手間加えるだけでボリュームアップの手助けになりますよ!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら