カラダ

爪の状態でわかる!?自分の爪状態チェック

女性ならネイルアートを自分でしたり、お店でしてもらっている人も

たくさんいると思います。

ネイルをしている時には分かりにくいかもしれませんが、

自分の爪には健康状態が現れていると言われています。

今回は、爪の状態からわかる健康状態についてを調べてみました!

普段はネイルをしているという方もたまに

自分の爪と向き合ってみてくださいね!

では、早速ご紹介したいと思います!

 

理想的な爪の状態

まずはじめに、健康的で理想的な爪の状態をご紹介します。

それは、毛細血管の色が透けて見える、薄ピンク色の爪です。

そして健康的で理想的な爪は1日に約0.1ミリ伸びると言われています。

この状態に当てはまらなかったという方には

これからいろいろなタイプをご紹介いたしますので

ぜひ参考にされてください。

 

爪の色で分かる健康状態

白っぽい色

爪の下には毛細血管が通っているのに、血の色が見えずに白っぽくなっているのは、貧血気味、血の栄養不足が原因だと言われています。

黒(紫)っぽい色

健康な人でも寒さによって毛細血管が縮こまることで、爪の色が黒(紫)っぽい色になることがあります。そのときは異常ではありませんが、暑いのにもかかわらずこの色になってしまう人は、病気の可能性もあるようなのでご注意ください。

黄色っぽい色

特定の指だけが黄色い人は、タバコなどが原因で爪の色が変わることがあると言われています。

全体的に黄色い人は、体内に余分な水分がこもっている状態の可能性があります。また、爪が水虫になっている可能性もあるそうです。

赤っぽい色

ピンクを通り越した赤の場合は、体内に血が多い状態のようです。

また、体内に熱がこもっている人にも多くみられる爪の状態です。

この爪の人は喉の渇き、便秘、高血圧などの症状が起こる場合があるので注意しましょう。

自分の爪が上のような色に当てはまる場合は

自分の健康状態、生活習慣を見直してみましょう。

また、少しでも体に不調を感じたら病院で診察を受けてみてください。

また、爪で分かる健康状態は色の状態だけではありません。

爪の形の違いでも健康状態がわかります。

次は爪の形からわかる健康状態をご紹介いたします!

 

爪の形で分かる健康状態

縦線が入っている爪

爪の状態のなかでも縦線、白い縦線はよくみられる爪の状態です。この状態はほとんど病気の可能性はないと言われています。

この縦線の原因は、乾燥や老化と言われていますので、年を重ねてから出てくるということがあるようです。

若い人で縦線が出てきている人は、栄養不足の可能性があるようなので食生活を見直してみてくださいね。

ただし、この縦線が黒い縦線だった場合は注意が必要です。黒い縦線が出ている場合は病気の可能性もあるので一度病院に行かれることをおすすめします。

横スジが現れた爪

横スジは、体調を崩していたり、病気をしたりした後に出てくると言われています。横スジが現れたところは栄養吸収が不十分だったために健康な爪が作られていなかったところです。

先端が割れやすい爪

薄くてすぐに割れてしまう爪は、ストレスや過労、乾燥、飲み過ぎなどが原因といわれています。

スプーン状にくぼんでいる爪

反り方が逆にの状態でスプーンのようになっている爪。薄くて割れやすくもなっていて貧血状態になっていると言われています。

このように爪の形や色で健康状態を見分けることができます。

ただ、この結果が全てではないので、少しでも異常を感じたら一度病院でみてもらうことをおすすめします。

爪は健康状態の指標としてもとてもわかりやすい場所なので

定期的に自分の爪の状態を確認するようにしてみましょう。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら