さつまいもレシピ★さつまいもと鶏肉で酢豚風メニュー

こんにちは(^u^)

アグレッシブライフスタッフの菊池です。

毎月4回にわたってお届けしているレシピ企画。

今回のテーマは「さつまいもレシピ」ということで

本日は、さつまいもを使った酢豚風メニューをご紹介いたします!

さつまいもを使った酢豚風のつくりかた

材料

・さつまいも…大1個

・鶏肉…1枚

・玉ねぎ…1個

・ピーマン…2個

・たけのこ…1/4個

・片栗粉…大さじ2

(鶏肉下味用)

・醤油…大さじ1

・塩…少々

・酒…大さじ2

・にんにくチューブ…2cm位

・しょうがチューブ…2cm位

(味付け用)

・鶏がらスープの素…小さじ1/2

・ケチャップ…大さじ4

・砂糖…大さじ3

・酢…大さじ3

・醤油…大さじ1

・塩…少々

・水

では早速、手順をご紹介します(^^)

手順

鶏肉は一口大に切り、(鶏肉下味用)の調味料をもみ込んでおきます。

 

お肉の臭みが残るのが嫌で、いつもついついお酒を多く入れてしまいます(笑)。

②さつまいもはよく洗い、皮付きのまま一口大の乱切りにしたら少し水にさらした後レンジで加熱しましょう!

600wで5分くらいでOKでした(^^)

③玉ねぎ・ピーマン・たけのこも一口大に切っておきます。

 

④さつまいもにつまようじを刺してみて、スッと通るくらいまでレンジで加熱したら、熱したフライパンに油をひき、さつまいもを炒めます。

油が飛ぶので、キッチンペーパーで水分を拭き取ってからフライパンに入れ流のがおすすめです!!

 

⑤さつまいもにこんがりと焼き色がついたらその他の野菜も入れて炒め、玉ねぎが透き通るくらいまで炒めたら一旦フライパンから取り出しましょう。

⑥下味をつけておいた鶏肉に片栗粉をよくまぶし、フライパンに多めに油を入れて揚げ焼きにします。フライパンは⑤のものをそのまま使ってOKです!

⑦鶏肉に火が通ったら野菜を戻して炒めます。

 

⑧具材に火が通ったら味付け用の調味料を入れて、よくからめたら完成♪

味付けの調味料が多いので、先に全て混ぜ合わせておいて一気に入れると簡単です!

あらかじめ鶏肉に片栗粉をまぶしているので、そのままでもとろみが出ると思いますが、足りなかったら水溶き片栗粉を加えてください(^o^)

 

じゃーん\(^o^)/

今回は酢豚ならぬ酢鶏ですが、甘酸っぱい味付けに思った以上にさつまいもがマッチしていてとても美味しかったです!!

しかも、驚くほど簡単にできました!

ご飯のおかずにも、おつまみにもぴったりなので

ご飯の準備が面倒だという日にはぜひ作ってみてください♪

みんなに試食をしてもらったんですが、いっくん(畠中)から

「パイナップルかと思って食べたらたけのこでした。」と残念そうに言われてしまいました。

確かに、酢豚といえばパイナップル問題が勃発する定番メニューですね(笑)。

私は果物許せる派なので入れればよかったです。

さつまいものからだにうれしい効果

さつまいもといえば、食物繊維が豊富で便秘解消に効果的というイメージがありますよね!

でも、実は美肌効果もとても高いんです!

その理由は、ビタミン類が豊富なこと!!

ビタミンCはりんごの約10倍も含まれているし、ビタミンBやビタミンEなどもたっぷり含まれているそうです!

コラーゲンの生成を助け、肌に潤いを与えてくれて

しかもその水分を保ち肌トラブルから守ってくれるんです!

それだけでなく、新陳代謝を促進し高い抗酸化作用で若々しいお肌へと導いてくれます!

さつまいもだけでこんなに美肌に効果があるなんて知りませんでした。

これは食べずには入られません!!!

アグレッシブライフでは全部で4つのさつまいもレシピをご紹介しますので

ぜひ全部作ってみてください(^^)

今が旬のさつまいもをたくさん食べてキレイになりましょう!

次回は兵頭のさつまいもレシピです!お楽しみに♪

それでは今日はこの辺で…。

あなた様の今日1日がアグレッシブになりますように☆

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら