読み終えたあとのあーーーっという感覚はなんとも言えませんでした

こんにちは!

アグレッシブライフスタッフの兵頭です(^O^)

最近すごく寒いですよね。寒すぎて化粧の時間も削って

ひたすらこたつで丸まってます。笑

そのせいで先日、かなやん(菊池)から

「今日は面白フェイスやね」と言われました。

日々薄く、日々短縮される化粧は気づけば面白フェイスになっていたとは…。

悲しいことです。

そんな私がふと、落ち着きたいときにするのが

「読書」です。

私がどれだけ本が好きか…を語りたいところですが、

今までさんざん書いてきたので鬱陶しいと思われるかもしれないため

割愛させていただきます。

さて、

最近私が読んだ本ですが、

映画化もしていたので名前は知っていたけど、

「そんなん買うとかミーハーやん」

と、いつもは超絶ミーハーのくせに本だけは結構冒険したいタイプの私は

今まで手をださなかった本でした。

ですが、姉からめっちゃ面白いけん一回よんでみて。

と言われて読み始めたのが

浅井りょうさんの「何者」という本です。

 

有名なので

映画を見た、本を読んだことがある!

という方も多いかもしれません!

実家から帰るときの電車で読み始めたのですが、

面白すぎて家に帰っても読み続け、

ページ数もほとんどないので1日で読破してしまいました。笑

あれだけ買うのを躊躇していたのに。笑

映画は見ていないので、どんな話なのかはわかりませんが

私がこの本を読んでとっても感じたのは後味の悪さです。

いや、本当に。

こんなにあーーーーーーっという気持ちになった本は

今までにはないのではないでしょうか。

私が読む本は結構、帯に

「世界中が泣いた」

「◯◯万人が泣いた」

「涙なしでは見れません」

「読んでいたら自然と涙がこぼれました」

といういかにもお涙ちょうだい的なヒューマンストーリーか恋愛小説か

「最後の3行でひっくり返されました」

「最後のページが衝撃でした」

「あんな展開があるなんて…!!」

「最後まで騙され続けていました」

みたいな最後のどんでん返しに期待したい

サンペンス小説を手に取ることが多かったんです。

そんな私がこんなに心を弄ばれたというか、

読んだ後にあーーーーーーっとなったのはお初のことでした。

内容に関してはまだ読んでない人もいるかと思うので割愛したいと思いますが

自分のことを見つめ直すというか

ちょっと傷ついたというか…。

やっぱりあーーーーーってなってしまう本でした(笑)

結構小説に入り込んでしまって

主人公の気持ちになってしまって読むのでさらにあーーーーっとなってしまったのかもしれません。

私のように入り込んで読んでしまうタイプの人は

あーーーーーってなってしまうと思います。

とにかく読んでほしいです。笑

ものの見方や考え方は人それぞれですが、

こういう視点があるのかー!というか小説でこうなる!?

みたいな感じです。

話の内容をかけないのでなんとも伝えにくいですが…。

漠然と本のことについて書いたので

なんなん!と思われた方もいるかと思います。

ぜひ読んでください。笑

ここに書いてしまうのはもったいないです。

そして、何かしらを感じ取って、共感してもらえたら嬉しいです。笑

あーーーーーってなるのがデザート?と思われるかもしれませんが

こうしてゆっくり本を読んで、

じっくり考える時間があるというのはすごくデザートだなって思っています!笑

多分今までのアグレッシブライフの記事の中で一番

あーーーーーって言っていると思います。笑

というわけで、私のおすすめの1冊、

もし本屋さんで何かないかなと思った時に

頭の片隅にでも思い出して手にとってもらえると嬉しいです!

感想お待ちしてます。笑

それでは、本日はこのへんで!

あなた様の今日1日がアグレッシブでありますように…。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら