畠中の「お年玉エピソード」

こんにちは。アグレッシブライフスタッフの畠中です。

さて、今月のちょっぴり、まったり、ほっこり。のテーマは

「お年玉エピソード」と、いうことで。

本日は僕、畠中のお年玉にまつわるエピソードをお届けしたいと思います!

畠中家では親戚が多いせいか、大人達の間で

お年玉の金額にルールが定められていたんです。

そのルールというのが…

小学生のお年玉は学年問わず一律1,000円!

中学生のお年玉は学年問わず一律2,000円!!

高校生のお年玉は学年問わず一律3,000円!!!

…という、進学する度に1,000円ずつアップしていくという方式の

お年玉金額推移ルールです。

ちなみに高校を卒業したら親戚達からお年玉は一切貰えません…。

小学生のころはまぁまだ良かったのですが

中学へと進級し周りの友人に一人あたりのお年玉の額を聞くと

だいたいは3,000円か5,000円、中には10,000円と

1,000円2,000円の友達はほとんどおらず、

高校の頃に至っては、一人あたり3,000円と言うと

「え?!それはかわいそうやね(笑)」と、

周りから鼻で笑われてしまうほどでした…。

ちなみにこの記事を書く際、クリエイティブチームの皆に

「お年玉ってだいたいいくら貰ってた?」と聞いたところ、

やはり僕の周辺の友人達と同じで

中学校は5千円、高校からは1万円と

恵まれたお年玉ライフを歩んでいた模様で

本当にうらやましい限りです・・・。

そんな「お年玉一律料金制度」があったため

一銭たりとも親戚達から貰ったお年玉に手を染めなくても

小学生時代は総額1万円満たないし、

中学でやっと総額1万円をちょこっと超えるくらい。

高校に入ってやっと少し裕福になる!と思っていたのもつかの間、

高校に入った時点からお年玉をくれなくなる親戚も数名でてきて

(当時は本気でそんな親戚達を呪っていました。笑)

結局人生で親戚達からもらうお年玉が総額2万円を越すことは

一度もありませんでした。

高校時代、正月が開けて学校へ行くと口々に

「お年玉でブランドの財布買った」だの

「バイク買う資金にした」だの

「長野へスノボしに行く旅費にする」だの

嬉しそうに語っている友人達を前にして、

大人たちが勝手に決めた訳のわからないお年玉ルールに

さすがに嫌気がさし

「さすがに高校生になってお年玉3,000円は少なすぎるやろ!!!」と

全力で親に抗議したところ、さすがに折れたのか

両親からはお年玉1万円をゲットすることに成功しました。

ちなみに、当時そんなやっとの思いでゲットしたお年玉は、

自分でバイトして稼いでいた貯金を足して

ずっとずっとずーーーっとずーーーーーーーーーっと欲しかった

YAMAHAのVOXという原付バイクを購入する資金にあてました!

 

見てください!

めっちゃカッコよくないですか!?

めっちゃおしゃれじゃないですか!?

そもそもあまり車やバイクには興味はなかったのですが

周りがみんな原付を持っていてバイクで出かけたりしていたのが羨ましかったのと

この見た目があまりにもツボだったのもあり、

このVOXを買うためだけに必死で汗水流して連日バイトに明け暮れていました。

シフトを入れまくっていた甲斐もあり、丁度あとちょっとで買える!!!というくらいに貯金が貯まってきたころだったので

お年玉という臨時収入を手にした瞬間、貯金を全額下ろして

20万円握りしめて近所のバイク屋に駆け込み、即効契約したのも今では良い思い出です。

ちなみにそんな僕のVOXちゃんですが、

そもそも根本はバイクには別に興味がなかったこともあってか

結局総走行距離は1年間でなんと100kmも満たず

ほぼ新品同様の状態のまま結局2年後中古として売り出す末路を辿ることとなりました。

あんなに親を説得してやっとの思いで値上げしてもらったお年玉も

結局無駄にしてしまったので今では申し訳ない気持ちでいっぱいです…。

今ではたまに街でVOXに乗って走っている人を見ると

「ああ、、僕のVOXちゃん…元気にやってるかな…。」

と、少しシュンとした気持ちになってしまいます。

最終的にお年玉のお話から少し逸れてしまいましたが

今回はお年玉エピソードについて語らせていただきました!

今では僕もお年玉をあげる側の人間になったので

甥っ子から恨まれない程度にお年玉は弾んであげたいと思います。

ということで。

今回のお話は、尾崎豊さんの「15の夜」に乗せてお届けいたしました。

バイクを買ったのは15でもなければ盗んでもないしなんならお年玉全く関係ない選曲ですしでトータル言いたいことは「どうもすみません」の一言です。

次回のちょっぴり、まったり、ほっこり。は

スタッフ平川による「お年玉エピソード」をお届けいたします!

どうぞお楽しみに!

それでは今回はこの辺で。

皆様の1日がアグレッシブになりますように・・・。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら