旬のホタテを炊き込みご飯にしてみました!

みなさん、こんにちは!

アグレッシブライフスタッフの平川です(*^o^*)

アグレッシブライフをご覧いただき、ありがとうございます。

早いもので2018年に突入して約2週間が経ちました。

2017年の目標の一つに「5キロ痩せる」と掲げていましたが、

達成できなかったので2018年こそ達成できるように頑張ります。

とコレを書きながらクッキーを食べていますが・・・(The矛盾!!)

さて、2018年の平川の決意から始まった今回の記事は・・・。K

お弁当の記事です!!

今回は今が旬の「ホタテ」を炊き込みご飯にしてみました。

それがコチラ!!

じゃじゃじゃじゃ~ん(^O^)

 

地味ー!!!!!

流行語でもある「インスタ映え」がわたしの弁当のモットーなのに・・・。

地味すぎる!!(笑)

卵焼きとプチトマト入れたら色とりどりの弁当になるやろ!というのは浅はかな考えでした・・・(泣)

でも、たまには素朴な弁当もありですよね(⌒-⌒; )

それでは気を取り直して「ホタテの炊き込みご飯」のレシピと作り方をご紹介します。

 

ホタテの炊き込みご飯のつくりかた

材料(3人前)

・ 米     ・・・2合

しいたけ  ・・・2本

ホタテの水煮・・・1缶(25 g)

生姜    ・・・1/2片

<調味料>

酒     ・・・大さじ1.5

みりん   ・・・小さじ1.5

塩     ・・・小さじ1/2~1

手順

①しいたけはうす切り、生姜は千切りにします。

②炊飯器に洗ったお米、<調味料>の材料、ホタテの水煮(汁ごと)、しいたけ、生姜を入れ、普通に炊くときの線まで水を加えます。

軽くかきまぜて、スイッチを入れます。

 

③炊き上がったら10分蒸らして出来上がりです。

 

そして、次に「さやえんどうの肉巻き」をご紹介します。

さやえんどうの肉巻きのつくりかた

材料

・さやえんどう ・・・9莢

・豚バラ肉   ・・・3枚

・ハーブソルト ・・・少々

手順

①さやえんどうをサッと茹で、ザルにあげます。

 

②茹でたさやえんどうを豚バラ肉で巻きます。

 

③フライパンに巻き終わりを下にして焼いていきます。色が変わったらハーブソルトで味付けをして完成です。

 

いかがですか?

ホタテの炊き込みご飯もさやえんどうの肉巻きもとっても簡単ですよね♪

 

では最後に年末年始に起こったプチ事件をお話しします。

それはお風呂に入っているときに起きました。

わたしは旅行や出張に行くとき必ずファンファレの商品である「わたしのきまり」を持参します。(小分けにせずに袋ごと)

しかし、実家に帰るときは極力荷物を減らしたかったので持って行きませんでした。

「さて、まずは髪を洗おう!」と思いシャンプーが並んでいる箇所を見てみると・・・。

8本くらいのボトルがずらり!!

平川家はみんなマイシャンプーを使っているようです。

「お母さんの借りるか・・・。」と思い、オシャレな黄色いボトルの裏面を確かめると「シャンプー」と記載されていたので使ってみると・・・。

ギッシギシ!!

「これめっちゃギシギシするやん!やっぱわたしのきまりが良いわ~」と思い、シャワーで流してもう一度裏面を確かめてみると。

そこに書かれていたのは!(◎_◎;)

「ボディシャンプー」

( ̄◇ ̄;)

その後のコンディショナーはいつもより多めになったことは言うまでもありません。

よく確かめなかったことが一番の原因ですが、ボディソープをボディシャンプーと記載しないで欲しいものです。

みなさんのお気をつけください。

それでは今日はこの辺で・・・。

みなさまの毎日がアグレッシブになりますように・・・。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら