店主嶋崎の「捨てられないもの」

こんにちは。

ファンファレ店主の嶋崎です。

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

屋外だけでなく室内にいても熱中症になりやすいので水分やミネラルなど栄養を補給し、エアコンもうまく活用して熱中症対策されてください。

 

さて、今回のちょっぴり、まったり、ほっこり。

テーマが【捨てられないもの】。

 

 

僕はなかなかものを捨てられない性格で

どんどんものが溜まっていく傾向にあります。

 

 

これを書いている机にも色々と書類が積み上げられてます…。

とりあえずこのあと断捨離しようと思います!

 

 

そんなただでさえ捨てられないものの中で僕の捨てられないものが、

 

 

【プレイステーション2(通称プレステ2)】。

 

僕らが中学・高校生の頃はこれがないと

友人の話題についていけないほどの必須アイテムでした。

 

 

試験シーズンだろうが、受験シーズンだろうがお構いなしに

ゲームで遊んでいた日々が思い出されます…。

 

 

そうして遊び倒したプレイステーション2ですが、

もう16年くらい経った今では、ディスクのトレイが若干壊れかけ。

 

 

普通ウィーン…という感じでスムーズに出てくるはずなのに

ガガガッと何かが引っかかる感じがあって、時には完全に開かないときもあるほど。

 

 

でもまだ現役で使ってるんです。

 

 

プレステ2の進化版のプレステ3もあるのに。

 

 

なぜかというと、

このプレステ2は兄と姉からの高校進学のプレゼントでした。

 

 

以前からほしかったプレステ2でしたが、

誰にもほしいということは言っていませんでした。

 

 

きっと物欲しそうなところを見られたのか、知る由もありませんが、

あのときは本当にうれしくて、うれしくて。

 

 

でも思春期の僕は素直になれず、ぶっきらぼうに「ありがとう。」と一言細い声で言ったのを覚えています。

 

 

でも心の中では飛び跳ねるほどの喜びでした。

人生の中でも兄と姉に一番感謝したときかもしれません。

 

 

それからというもの、良いのか悪いのか、

プレゼントをフルに活用する学生生活を送っていました。

 

 

あの時間を勉強に使っていたら…と思っても後の祭り。

でも、あれがあったから今があるんですよね(笑)

と、ポジティブに解釈してみたり。

 

 

それから時が経ち、大人になり、テレビゲームをしなくなった今でも

プレステ2はDVDプレイヤーとして家で活躍しています。

 

 

他にもちゃんと再生できる機械を持っているのですが、

なぜか再生できないDVDがあって、プレステ2なら動くんですよね。

 

 

長く愛用しているとも、酷使しているともいえますが、

まだ動いてもらえるうちは頑張ってもらおうかなと思っています。

 

 

自分の人生の半分以上を共にしているので

ずっと壊れないでいてほしいと願うばかりです。

 

 

多分、壊れてもきっと捨てられず、家のどこかに置いてそうな気がします(笑)

 

 

物があふれる時代。

使えるものは永く使いたいものですね。

 

 

ということで、今回のちょっぴり、まったり、ほっこり、

BGMは倖田來未の『real Emotion』でお届けしました。

 

 

次回はだいちゃんこと畠中大介のちょっぴり、まったり、ほっこりをお届けします。

 

 

どうぞお楽しみに。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら