ダイエット

やり方を間違えると逆に太る?糖質制限ダイエットの正しいやり方

少し前から注目を浴びている「糖質制限ダイエット」。

効果的に痩せることができると言われているダイエット法ですが、

やり方を間違えると痩せにくい体へと変化してしまいます。

21

ここでは、正しい糖質制限ダイエットをご紹介します。

 

◆糖質って?

「糖質制限」の糖質とはずばり、三大栄養素のひとつである「炭水化物」に含まれているもの。脳にとっての唯一のエネルギー源であり、日々の活動に欠かせない栄養素です。

よって、糖質とは、砂糖のように「甘いもの」だけではありません。食べたときに甘く感じない糖質、つまり、ご飯やイモ類に多く含まれるでんぷんも糖質の仲間です。

 

◆糖質制限ダイエットとは?

糖質制限は一日に摂取する糖質量を減らしていくというシンプルな方法です。重要なのは糖質量だけなので、カロリー制限は考えなくても大丈夫。よって、無理なくラクに続けることができます。

また、糖質制限をすることによって、ダイエット効果が期待できるのはもちろんのこと、血糖値が上がらないので、糖尿病や糖尿病予備軍の方にも最適です。

 

◆糖質制限ダイエットの仕組み

炭水化物には「糖質」と「食物繊維」が含まれます。太る原因になるのはこの「糖質」です。

糖質を摂取すると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインシュリンが分泌されます。

このインシュリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれ、余った糖質を中性脂肪に変える働きがあります。よって、糖質を制限するとインシュリンの分泌が抑えられ、脂肪が蓄積されにくくなります。

さらに、糖質が少ないと体脂肪がエネルギー源として燃焼されるようになるので、ダイエット効果が高まります。

 

◆ 糖質制限ダイエットのルール◆

簡単に痩せれるダイエットはありませんが、糖質制限ダイエットは食べる量を減らさなくて良い分比較的取り組みやすいダイエット方法ではあります。それでも、糖質を減らすわけですから普段甘いものを食べていた人にとっては大変なことです。我慢をしすぎるのではなく、糖質の少ないシロップなどを使って無理を少なくするなどの対処も必要です。努力はするけど無理なストレスはためない!ということを意識しましょう。

 

ルール〜1:カロリーは減らすべからず!

糖質を制限する際に気をつけたいのが、カロリーを減らさないこと。日々の食事から、シンプルにご飯だけを抜くと、おかずや汁物だけ食べることになってしまいます。これではカロリー不足になってしまいます。この糖質制限ダイエットで重要なのは、カロリー量は減らさずに糖質を抜かすことです。日々、自分がどれくらいカロリーを摂取してよいのかを確認し、カロリーはしっかり取りましょう。

 

しかし、もちろん「好きなだけ食べて良い」わけではありません。

 

自分の消費カロリー以上に摂取したカロリーは脂肪になりますので、摂取カロリーの上限は守りましょう。

 

ルール2:1日3食欠かさず食べるべし!

糖質を減らすけど、日々消費するエネルギーは摂取しなければなりません。

朝、昼、夜はきっちり食べましょう。

 

ルール3:増やすべきは葉物野菜、青魚、赤身肉!

さて、糖質である主食とおやつを減らした分、何でそのカロリーをまかなえばいいのか?という話ですが、糖質以外であれば基本的に何でも大丈夫です。しかし、できればほうれん草、小松菜、レタス、キャベツなどの葉物野菜やもしくはアジ、サンマ、イワシ、マグロなどの青魚、脂肪の少ない赤身肉を選びましょう。

 

ルール4:油は良質な油を摂取せよ!

ダイエットに油は天敵!といったイメージがありますが、油は必要不可欠な栄養素です。よって、糖質制限ダイエット中も抑える必要はありません。しかし、問題なのはその「油の質」。摂取しすぎると体に良くない油と、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロールを減らしてくれる良い油もあります。

 

22

今回は糖質制限ダイエットの正しいやり方をご紹介しました。糖質制限ダイエットは無理なカロリー制限をしないダイエット法です。半年から1年くらいかけてゆっくり体重を落とすつもりで気楽に気軽に続けましょう。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら