むくみ

それってむくみ?それとも肥満?むくみと脂肪の見分け方

下半身太りというものは女性にとって深刻な悩みの1つ。しかし、「下半身太りの原因はほとんどがむくみである」という説もあるように、むくみと肥満は紙一重の違いだったりするんです。

そこで、今回は見た目では違いがあまり判別できにくい「むくみ」と「脂肪」の違いと見分け方をご紹介します。

 

1

◆むくみと脂肪の違い

【むくみとは?】

むくみとは、医学的には「浮腫(ふしゅ)」と呼び、細胞と細胞の間の水分が異常に増加した状態を言います。本来ならば全身をめぐる血液中に含まれている血漿(けっしょう)の成分が細胞へ出て栄養を送ったのち、何らかの原因で再び血管へと戻らず溜まってしまいます。原因は冷えや塩分やアルコールの過剰摂取、疲労などさまざまで肥満に比べると数日で10kgの体重増加など、見た目にも数字的にも急激な増加となって現れることがあります。

 

【肥満とは?】

一般的には太っている状態を肥満と呼びますが、医学的には脂肪が一定以上に多くなった状態を指します。体を構成しているさまざまな物質に対して、脂肪の占める割合が高い状態で、客観的な数値としてBMI(肥満指数)25以上が肥満とされています。むくみほど短期間での急激な体重増加は見られません。

 

◆むくみと脂肪の見分けチェックリスト

①足や手を左右で見比べる。

片方だけ太い→むくみです

両方太い→脂肪です

 

②昨日の自分と比べてみる。

急に太くなった→むくみです

いつもと同じだ→脂肪です

 

③皮膚を押してみる

跡がついてしばらく消えない→むくみです

跡がつくがすぐ戻る→脂肪です

 

※甲状腺機能の低下、薬の副作用でむくむケースもあります。

結果が「むくみ」だった人は、本当の足は細いのに、むくみのせいでドーンと太い足に見えてしまうという残念な現状。こまめにマッサージしたり、寝るときは足の下にまくらを仕込んで足の方を高久上げ、血行を良くしてあげると効果的です。他にも、お風呂はぬるめのお湯にゆっくり浸かるとそれだけで水圧が足に滞った水分を押し上げてくれるのでマッサージ効果も!

 

結果が「脂肪」だった方は、血行を促すマッサージだけでは下半身太りは解消されません。まずは代謝を上げて、脂肪を燃焼させることが大切です。また、筋肉がないと脂肪は燃えてくれないので、たんぱく質を意識した食事をとるようにしましょう!

 

◆むくみと脂肪の因果関係

むくみと脂肪は全く別のものですが、因果関係があります。すなわち、むくみを放っておくと代謝が低下し、摂取した食べ物をエネルギーへ変換しにくくなり脂肪として蓄積する…つまり太りやすい体質になります。

 

逆に、肥満の方も代謝が悪いためむくみやすい代謝と言えます。どちらにしても、しかるべき対処をしていかないと、負の連鎖に陥る恐れがあるということです。

 

 

「むくみ」と「肥満」、どちらも体にとって良いものではありません。理想のボディを維持するため、「やばいかも…」と思ったら、症状に合った対策から始めることが大切です。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら