ダイエット

女性必見!バストを落とさずに痩せる方法

ダイエットをすると胸から痩せていく・・・。そんな女性結構いますよね?
心臓から最も近いバストの脂肪は下半身などの脂肪より温かく柔らかいため、元々燃焼しやすい性質を持っています。落としたいところは燃えにくく、落としたくないものは燃えやすい・・・なんと厄介なメカニズムなんでしょう。

 

あ

 

痩せることを諦める?それともバストダウンを受け入れる?

どっちも嫌ですよね?スレンダーかつメリハリのあるボディこそ誰もが憧れる美しい体。

今回はバストをキープしながら痩せる秘訣をお教えいたします。

 

①胸を揺らす運動は控える

「揺れ」はバストダウンの大きな要因です。脂肪が燃えやすくなるだけでなく、バストの形をキープしている「クーパー靭帯」が伸びてしまい型崩れの原因となります。体を激しく上下に動かす縄跳び運動などは控え、ウォーキングやヨガ、ピラティスなどスローなエクササイズやストレッチを選びましょう

 

※逆に大きなバストに悩み「胸痩せしたい」と考えている女性は激しい運動をしたほうがいいのか?というとそういうわけではありません。クーパー靭帯は一度伸びたり切れてしまうと二度と元に戻りません。脂肪は減ったとしてもメリハリの無いバストになってしまいます。

 

②スポーツ用のブラを使用する

上記の縄跳び運動だけでなくランニングやジョギングもバストダウンに繋がる運動です。でも、有酸素運動はダイエットの王道。痩せ効果も絶大で、さらに心のリフレッシュや健康にも繋がります。そんな運動を止めてしまうのはちょっともったいないですよね。そこでオススメしたいのがスポーツブラの着用。普通のブラとは異なり、バストの揺れを軽減できる構造となっています。ダイエットのために運動を始めたい人はスポーツブラを着用しましょう。

 

③胸筋を鍛える

バストアップには胸筋を鍛えることが大事です!とよく言われますが、胸筋を鍛えると、バストのサイズが実際にアップするほか、胸の土台がしっかりして胸が垂れるのを防いでくれます。さらに、胸を落とさないために意外に重要なのが背筋。普段から背筋を伸ばし、背筋と腹筋を使って姿勢を整えるように意識しながら生活することを心がけましょう。

ふんわりバストをしっかり支え、保つためにはバランスの良い背筋力・腹筋力が必須です!

 

④食事に気をつける

ダイエットと切っても切り離せないのが毎日の食事。ダイエット中はカロリーを減らそうと野菜やきのこ類ばかり食べる…という人は多いはず。でもバストを保つことを考えると、この食事はNG。

確かに摂取カロリーを減らすことはダイエットにとって重要なことですが、それだけでは胸をつくるタンパク質が不足してしまい、胸痩せを加速させてしまいます。胸を落とさず痩せたいなら、大豆、魚、肉などのタンパク質もしっかり摂りましょう。1日1回は豊富なお肉や野菜を主役にした主菜を食べるとタンパク質が不足しません。脂こってりな霜降り肉ではなく、豆腐やササミ、ヒレ肉、魚をチョイスすることがポイントです!

 

い

もうすぐ薄着の季節、女性らしいラインを保ちつつ、ギュッとウエストが引き締まった美ボディに向けて頑張りましょう!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら