むくみ

飲むだけ!カンタン!白湯でむくみ解消!!

美容や健康に効果があるといわれている「白湯」。

ダイエット、美肌、便秘改善と様々な効果が期待できますが、

実は、「白湯」はむくみ解消にも効果的なんです!

今回は白湯がもたらすむくみ解消効果について詳しくご説明します。

 

さゆ1

【白湯とは?】

白湯とは、つまり普通のお湯のこと。

正しく言うと、沸騰させたお湯を飲める温度までぬるく冷ました飲み物です。

「湯冷まし」とも呼ばれており、水道水のような不純物もなく口当たりも柔らかくなっているのが特徴です。

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」から始まったと言われており、様々な美容効果が期待できます。

 

【白湯のむくみ解消効果】

① 新陳代謝を高める効果

白湯を飲むと内臓機能が温められ、血流が良くなります。

また、内臓の温度が1℃上がると免疫力が約30%上昇するほか、基礎代謝も約10〜12%上がると言われているため、脂肪が燃焼されやすくなります。

 

② 老廃物を洗い流すデトックス効果

普通の水とは違い、身体に受け入れられやすい白湯ですから、どんどん飲むことができて利尿作用も高まります。利尿作用により体内の老廃物が洗い流され、肝臓や腎臓の動きはさらに活発となります。

そうなると新陳代謝も高まり、尿を排出することによりむくみ解消にも繋がります。また、水分を摂取することにより便秘も解消されやすくなります。

よって、体内のデトックスに非常に効果的といえます。

 

③冷え性や夏の冷え改善効果

白湯を飲むことで胃や腸が温まり、新陳代謝が上がり、体に熱が作られます。

冷え性に困っている方の体質改善や、夏の冷たい物の摂りすぎや、クーラーの付けすぎによって体が冷えてしまっている人の冷え取りにも効果があります。

 

【白湯の正しい作り方】

1.やかんに水を入れ、強火で沸騰させる。

2.やかんのフタを取り、湯気が上がるようにする。この間も火は止めない。

3.沸騰したら火を弱め、10〜15分間沸かし続ける。

4.飲める温度に冷ます。

 

※忙しい人はマグカップ(耐熱)に水を入れ、500Wの電子レンジで1分半ほど温めるといいでしょう。

 

【白湯の飲み方】

① 朝起きた時に飲む

目覚めの時の体は寝ている間に汗などで流れて水分不足です。しかし、目覚めてごくごくと水を飲める人も少ないでしょう。白湯は体温に近いので、スムーズに体内へ取り入れられやすいのです。

足りなくなった水分を補い、血液の流れをよくし、老廃物が流れやすくなります。

朝食は白湯を飲んだ30分後程度に摂るのが理想的です。

 

② 食事中に1杯飲む

食事中に各1杯程度、ゆっくり飲むのがよいでしょう。もしも、苦く感じるようでしたら毒素が溜まっています。

デトックスされると白湯が甘く感じるようになるといわれています。

 

③ 体温程度の熱さにして、ゆっくり飲む

白湯の温度が高すぎても、水で薄めるのもNGです。あくまで体温程度まで自然にさましてから、少しずつ飲んでください。

 

④ 1日の摂取量は800ml程度

白湯はデトックス効果が高いため、飲みすぎると必要な栄養素まで流してしまう可能性があります。1日の摂取量は800ml程度にするといいでしょう。

 

さゆ2

 

いかがでしたか?白湯を飲むことはお金もかかりませんし、明日からすぐに始めることができます。

最近むくみが辛い、体が重い、疲れが取れないなどでお悩みの方は是非お試しください!

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら