美肌に効果あり!?「納豆」の驚く秘密とは?

日本人の伝統食の1つといえば「納豆」。

納豆が健康によい食材であることは周知の事実ですが、実は美肌にも良いんです。

そんな、納豆の美肌パワーとその納豆のパワーを効果的に摂取する方法をご紹介します。

なっとう

◆知っておきたい!納豆の6つの美肌成分!

(1)大豆イソフラボン

大豆イソフラボンの嬉しい特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれます。また、コラーゲンの合成を促進させるのでお肌のハリを維持させ、肌細胞自体の新陳代謝も高めてくれるので肌の生まれ変わりを促進させ保湿力を高めます。

 

(2)ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは血液をサラサラにする力があります。血液がサラサラになると血行が良くなるのでお肌の隅々まで栄養がいきわたり、美肌に繋がります。

 

(3)ビタミンB群

ビタミンB2は細胞の再生を促すと同時に肌に有害な過酸化脂質の働きを抑え、肌荒れを防いでくれます。ビタミンB6は皮脂が過剰に分泌されるのを抑え、べたつきや吹き出物を防ぎます。

 

(4)アルギニン

アミノ酸のひとつであるアルギニンは成長ホルモンの分泌を助け、美肌へと導きます。

 

(5)粘液多糖類

いわゆる納豆のネバネバ成分でビフィズス菌を増やす効果があります。ビフィズス菌は腸内環境を整え、便秘に伴う肌荒れやニキビを改善します。

 

(6)ポリグルタミン酸

納豆菌が発酵過程で作り出す納豆のネバネバ成分の一つで、ヒアルロン酸の約10倍の保水力があると言われています。

 

納豆にはこんなにもたくさんの美肌成分が含まれているなんて驚きですね!そんなことを知ったら、毎朝納豆を食べよう!と思った方も多いのでは!?

でも、ちょっと待ってください!この納豆の美肌成分を効果的に取り入れるポイントがあるんです!

 

◆納豆の美肌成分を最大限に引き出す食べ方

(1)朝よりも夜に食べる

寝ている間は、筋肉が動かないので血液が固まりやすい状況になります。上でお伝えしましたように、納豆に含まれるナットウキナーゼという成分には血液をサラサラにする効果があります。夜食べることによって寝ている間にナットウキナーゼが血流を良くしてくれるので、予防効果が高くなり、肌にも栄養を届けてくれるのです。

また、人間は眠りについて2~3時間経つと成長ホルモンを分泌し始めます。これがお肌のゴールデンタイムと言われるものです。納豆にはアルギニンという成分が含まれているのですが、これが成長ホルモンの分泌を促します。そのため、夜食べるのが望ましいのです。

 

(2)ひきわりよりも粒を選ぶ

納豆に含まれている成分ポリアミンがひきわりを作る工程で流れ出してしまうと言われています。よって、ひきわりを食べたい場合は粒の納豆を自分で包丁でたたいて作ったほうがよいのです。

 

(3)熱は加えない

ナットウキナーゼは熱に弱いという弱点があります。よって、できるだけそのまま食べるようにしましょう。しかし、「ご飯にかける」や「炒めた料理に加える」程度なら問題はありません。

また、納豆に付いているタレは塩分が含まれているのでポリアミンが増えるのを邪魔してしまいます。なので、タレはかき混ぜた後にかけると良いでしょう。

なっとう2

納豆は、何にでも合わせやすい食材の一つです。

卵や肉類、野菜と合わせても美味しく食べられ、ごはんやパスタにも合うので自分が食べやすい方法で食生活に取り入れてみましょう。

毎日1パック食べるだけでも、腸内環境が整い、美肌効果を発揮し、アンチエイジングにつながるはずです。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら