ダイエット

もうご飯を我慢しなくて大丈夫!炭水化物を○○するだけダイエット!

しろごはん

 

痩せるためには炭水化物を抜くのが良い!

というのは良く耳にしますが、、

 

炭水化物を抜いたご飯ってやっぱり物足りなく感じないですか?

やっぱりしっかり食べたい!!

なんて日もあるはず。

 

そんな時にオススメしたいのが「冷やす」ことです。

 

では、さっそく炭水化物を冷やすとダイエット効果があるその理由を

ご紹介したいと思います(^o^)

 

 

冷えた炭水化物?

 

炭水化物を冷やすとダイエットって?

と思われる方も多いと思います。

その方法は簡単!冷えた白ご飯や、そうめんやざるそばなど冷えたものを食べるだけなのです。

 

 

なんで?

 

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか…

 

実はほとんどの炭水化物に含まれている

レジスタントスターチ

 

という成分がダイエットのう効果につながっているようなのです!

 

ではそのレジスタントスターチをご紹介いたします!

 

 

レジスタントスターチとは?

 

レジスタントスターチとは難消化性でんぷんのことです。

難消化性でんぷんとは、糖として吸収されにくいでんぷんのことなのです。

 

レジスタントスターチは、小腸で吸収されにくいため摂取カロリーが抑えられ血糖値の上昇が緩やかにしてくれるんです。

 

炭水化物を冷やすことでレジスタントスターチを増やしてくれるのです(^o^)

 

しかも加熱後冷やすことで食物繊維と同じ働きもしてくれるのです!

 

このように冷やした炭水化物はダイエットに効果があります。

 

 

 

どれくらい冷やせばいいの?

 

いざ始めようと思ってもどれくらいの温度がいいかわからない!

ですよね?

 

レジスタントスターチがいちばん多くなる温度は4〜5度なので

冷蔵庫から出してからすぐの炭水化物が良いそうです(^o^)!

 

 

まとめ

 

炭水化物をとらずにダイエットだとどうしても続きにくくなったり

ストレスがたまりがちですよね。

この炭水化物を冷やすダイエットは食事制限ではないので

我慢をするダイエットよりも続けやすいと思います!

炭水化物を冷やしてダイエットを成功させましょう(^o^)

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら