自分で見えないから油断してない?背中ニキビは大丈夫!?

みなさんこんにちは。

 

いよいよ梅雨明けが始まって、本格的に夏本番となりましたね(^o^)。

 

夏になると増えるのが肌の露出ですよね。

そんな時、背中のニキビができていると水着や背中の空いたドレスが

着られなくなりますよね…。

 

しかも背中ニキビは一度できると

なかなか治りにくいんです。

 

今回はそんな背中ニキビの原因について調べてみました(^o^)

 

 

背中ニキビの原因とは…!?kanayan

一度できたら治りにくい、そんなやっかいな背中ニキビの原因をご紹介いたします(*_*)

●睡眠不足

睡眠不足は、顔のニキビと背中ニキビどちらにも関係する大きな原因です。

睡眠不足は体や心に大きなストレスがかかりホルモンバランスの乱れにつながります。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌され、その過剰に分泌された皮脂が毛穴につまることでニキビができるのです。

 

●アクネ菌の増加

ニキビと切っても切れない菌であるアクネ菌。

人間の肌に必ず潜む菌ですが、人間の皮脂を餌にして共存しています。

特に、背中は皮脂線が多いためにアクネ菌が増加しやすいと言われています。

 

●紫外線

日光によってアクネ菌が消毒されてニキビが消えるのでは…?

なんてインターネットでちらほらみかけますが、実は間違いなんです。

日焼けによって、皮膚は自分を守るために角層を硬くし、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因となります。

 

●寝汗

夏の夜、気づけば寝汗をかいていることってありませんか?

すぐにシャワーを浴びたり、着替えたりするのが1番良いのですが、なかなかすぐに動くことってできないですよね。ですが、背中の汗をそのまま放置するのは、雑菌がとても多い状態で放置することと一緒なんです。

朝着替えればいいか、なんて思っているうちにニキビができているなんてことになるのです。

 

これらのことが原因とされています。

背中は自分では見えない場所なので、スルーしがちですが、実は1番しっかりケアをしないといけない場所なんです。

 

●食生活

糖分や脂肪分を過剰に取ることで、皮脂線を刺激してしまいます。

背中は皮脂線が多い場所なので、糖分や脂肪分を過剰摂取し、皮脂線を刺激することでニキビができやすくなるのです。

 

 

これが背中ニキビの原因なんです(*_*)

 

背中ニキビを予防するには、規則正しい生活はもちろん、食事も油物が多くならないようにすることや、背中を清潔に保つことが大切だといえます。

また、上の背中ニキビの原因は、顔のニキビにもつながってくるので

全身を綺麗に保ちたい夏は、生活をしっかりと意識してみてくださいね!

 

 

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら