肌が砂漠化していませんか?肌の乾燥を悪化させる食べ物とは?

秋になり、涼しくて過ごしやすい季節が近づいてきました。

しかし、気温が下がると気になってくるのが「肌の乾燥」ですよね。

乾燥肌は、保湿や化粧品など外側からのケアで解決しようとしがちですが、

実は普段摂っている食べ物も、乾燥肌を引き起こす原因の一つなんです。

そこで今回は、乾燥肌を悪化させる食べ物をご紹介していきます。

たべもの

◆乾燥肌と食べ物の関係◆

乾燥肌が気になった時、化粧水や美容液など外側からのスキンケアに目を向けがちですが、実は体の内側も大きく影響しています。

偏った食事を続けて栄養が不足すると、体にこのような事が起こります。

 

・代謝が悪化する

・体内の環境が悪化する

 

代謝が悪化すると、肌表面を守る皮脂の分泌が減ってしまうため、肌は乾燥しやすい状態になります。

 

また、体内の環境が悪化すると体内が汚れやすくなり、その汚れをキレイにするために悪いものを肌から外へ出そうとします。

その汚れや悪いものが肌表面に表れて、肌の乾燥や肌荒れなどが起こりやすくなるのです。

 

化粧水や美容液・クリームなどで一生県営肌のケアをしても、体の内側が乱れた状態では潤いが逃げて肌が乾燥してしまいます。

普段の食生活を見直して、体の内側からキレイな肌を目指しましょう!

何気なく摂り入れているものが実は乾燥肌を悪化させているかもしれません…。

 

◆乾燥肌を悪化させる食べ物・飲み物◆

①コーヒー

コーヒーに多く含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きや、体を冷やす働きがあります。この働きによって代謝が悪くなり、乾燥肌を悪化させるのです。

カフェインは、コーヒーだけでなくココアやチョコレート・緑茶・紅茶などにも含まれています。

また、カフェインには利尿を促す働きがあるので、多くの水分が排出されて、体も肌も水分不足になりがちです。

 

②ファストフード・スナック菓子など

塩分。脂分が多いファストフードやスナック菓子を過剰に摂りすぎると、体の代謝が悪くなる事があると言われています。

気軽に食べられるので、頻繁に食べている方も多いと思いますが、食べ過ぎないようにしましょう。

 

③冷たい飲み物・アイスクリーム

体を冷やす食べ物・飲み物をたくさん摂ると、体の血行・代謝が悪くなり、乾燥肌がひどくなってしまう場合があります。

アイスクリームやキンキンに冷えた飲み物ばかり摂らないようにしましょう。

 

④甘いお菓子、清涼飲料水など

甘いお菓子や清涼飲料水など、糖分が多いものを摂り過ぎると、体内の環境が悪化しやすくなります。

特に清涼飲料水などの甘い飲み物はたくさん飲んでしまいがちなので、飲み物からの糖分摂取にも気を付けましょう。

 

 

普段何気なく食べている物が乾燥肌を悪化させる原因になることもあります!摂りすぎには注意して、体の内側からキレイな肌を目指しましょう

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら