たらこに罪は無かった。

tarako

みなさんこんにちは。

 

最近のマイブームは

「お風呂場で宇多田ヒカルのStay GoldをBGMに流しながら

チャンツィー気分で首を直角に曲げ

シャンプーした髪を洗い流すこと」な、

アグレッシブライフスタッフの畠中です。

 

突然ですが最近、

たらこパスタにはまっています。

 

実は僕、たらこのことをずっと嫌っていたんです。

 

なんていうか見た目がほら、ブスだし。

臭いもブスだし。

とにかくブスだし。

ひたすらブスだし。

 

そう思ってずっと、

たらこのことを知ろうともせずに

勝手なレッテルをたらこに貼って

僕のこれまでの人生27年間余りもの間

ずっとずっと、たらこのことを避けて通って生きていていたんです。

 

でも

 

あまりにも周りのみんなが

美味しそうにたらこを食べているのを見ていると

 

たらこ、ブスだけど

関わってみたらもしかしたら良い奴かもしれない…

 

って、

だんだん思うようになってきたんです。

 

ブスだけど…。

 

 

そして、僕は決意しました。

 

自分勝手なレッテルで、たらこのことを決めつけてはいけない、と。

 

たらこに一歩、歩み寄ってみよう、と。

 

見た目がブスだし臭いもブスだしとにかくブスだしひたすらブスだだけど

 

たらこに一歩、歩み寄ってみよう、と。

 

僕から歩み寄らなければ何も始まりません。

 

なぜなら

 

たらこに足はついていないからです。

 

深い…。

 

 

と、いうことで

 

近くのスーパーでたらこのパスタソースを購入し

 

たらこパスタを作ってみました。

tarako2%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

ご覧ください。

海苔も、ノリノリです。

 

ということで

 

27年あまり避け続けてきた、たらこ。

意を決して口に運んでみました。。。

 

すると

 

なんということでしょう!

 

めちゃめちゃ美味しいじゃないですかたらこ!!!!!!

 

ブスなのに!!!!!!!

 

美味しい!!!!!!!!!!!!

 

 

いや本当に

久しぶりに感動を覚えました。

 

10月の感動したエピソード第2位に輝いたくらいに感動しました。。

 

ちなみに第1位は、

 

2歳になろうとしている甥っ子が

姉のことを「ママ」と呼べるようになったことです。

 

まさかのほっこりエピソード。

 

そんなこんなで

本当にたらこの魅力にはまってしまい

 

最近は出勤前に毎日パスタを茹でて

朝ごはんにたらこパスタを食べています。

 

やっぱり

 

何事も中身を知ろうとせずに

勝手なイメージやレッテルを貼って決めつけることは良くないなと

心の底から思いました。

 

僕は、たらこのおかげでまた一つ

僕は大人の階段を登ることができたのです。

 

ありがとう。

たらこ…

 

ブスだけど…

 

あなた様にも

もしドキっと当てはまるようなことが何かあったたら

まずは少しでもいいので

相手のことを知ってあげる努力をしてみてほしいなぁと

心から思いました。

 

接してみると

自分が思い描いていたイメージとは全く違うなんてことは

意外と多いものです。

 

もし自分の勝手な思い込みで

自分にとって大切な存在を無駄に失ってしまっていたとしたら

そんな悲しいことはありませんからね。

 

この記事をよんで

ほんの少しでもあなた様の視野が広がったのであれば

幸いです。

 

それではみなさん

今日も1日キレイとゲンキで

頑張っていきましょう!

 

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら