ダイエット

体重計に乗るタイミング決めていますか?自分を知るおすすめ計測方法

1704151

さて、いきなりですがここで一つご質問です。

あなた様はいつも体重計に乗るときに、いつ、どのようなタイミングで体重計に乗っていますでしょうか?

 

毎日乗っている方、気が向いた時に乗っている方、

食べ過ぎたな…と思った時に乗っている方、

最近脂肪が付いてきたな…と思った時に乗っている方 などなど…

 

回答は人それぞれかと思います。

 

しかし!

 

人間の体とは不思議なもので、同じ1日の中でも、朝・昼・晩と乗るタイミングによって体重が変動する生き物です

 

特に食べ過ぎたわけでも、不規則な生活をしていたわけでもないのに、

「ゲゲ、体重増えてる!!」なんて思った事のある方。

もしかして以前体重計に乗った時と、ゲゲっと思った時に体重計に乗ったのは、違う時間帯で乗ってはいませんでしょうか??

 

今日はダイエッターにとっての必須アイテム体重計について、ダイエットに適した計測方法などを詳しくご紹介してまいりたいと思います。

 

体重計は毎日決まった時間に乗りましょう

1704152

正確な自分の体重の変動を記録するには、

必ず毎日決まった時間に体重計に乗るようにしましょう。

乗るタイミングとしては、朝起きてすぐの状態で体重計に乗ることがおすすめです。

朝食を口にする前に乗るようにしましょう。

 

体重計に乗るとき気をつけたいこと

体重計に乗る際は、体重計の中央にきちんと立ち、

背筋をピンと張った姿勢で乗るようにしてください。

体重計の端など正しい位置に立たないと正確な数値を計ることはできません。

体重計は完全に水平な位置に置くようにしましょう。

畳の上やじゅうたんの上、カーペットの上などに置いてしまっては

体重計が僅かに傾き本来の体重の数値に誤差が生じてしまいます。

きちんとフローリングなどの完全に水平な場所に置いて乗って

計測するようにしてくださいね。

 

毎日乗る体重計の数値を信じましょう

最近ではジムやヨガに通う方も多いですよね。

そんな方のほとんどは経験があるかと思いますが、

ジムやヨガで体重計に乗って計測した数値と自宅の体重計に乗って計測した数値に差があって一喜一憂した、なんて経験はありませんか?

体重計や体脂肪計はメーカーや機種によって計測の仕様も異なるようです。

体重の推移は必ず同一の体重計で出た数値で管理するようにしてくださいね。

 

毎日の増減はしっかりと記録しておくことがダイエット成功の鍵

 

ダイエット成功の秘訣は、毎日の体重の増減変動推移をしっかりと記録して

常に自分の今の体重をしっかり把握しておくことが何よりも大切といえます。

 

「あれ?最近ちょっと太ってきた?」

と見た目で自分の体型の変化に気づく頃には

既にもう数キロ贅肉がついてしまっている状態であることがほとんどです。

 

しかし毎日体重の変動推移を記録しておけば、

「ここ数日、少し体重が増えてきているなぁ」と一目で気づくことができるので

外見に影響する前に体重の増加を防ぐ手段をとることができます。

 

但しここで気をつけたいことが一つ。

見た目にはもう十分に細い体型なのに、数字ばかりに囚われすぎて

「もっと数字を落としたい」「もっと痩せたい」と、

必要以上に体重を落としすぎてしまう方もまれにいらっしゃいます。

ダイエットのしすぎは健康状態に著しく悪影響を与えてしまいます。

無理なダイエットは絶対に行わないようにしてください。

 

理想の体型を美しく維持するのにおすすめの記録方法としては、

ダイエットを始める前、はじめにあらかじめ理想体重を設定しておいて

そこを基準に毎日計測する体重計の数値で折れ線グラフを作り、

グラフの線が理想体重の位置に対してまっすぐな線に近い形での変動になることを目標とすれば理想の体型を維持しやすくなりますよ(^^)

 

 

いかがでしたか?

綺麗に痩せるためにも、今回の記事を参考に体重計はきちんと正しい使い方でお使いになられてくださいね(^^)

 

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら