小島の「お年玉エピソード」

こんにちは!

ファンファレスタッフの小島です。

 

 

つい先日年が明けたと思ったらいつの間にか1月も終盤に差し掛かり、

時の流れの速さに驚いている今日この頃です。

 

 

 

さて、今回の「ちょっぴり、まったり、ほっこり。」のテーマは、

【お年玉エピソード】ということなので、

お年玉の思い出についてお届けしたいと思います。

どうぞ、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

 

 

 

みなさまもお正月といえばお年玉にワクワクした経験があるのではないでしょうか?

 

 

僕も、毎年、お正月の特番やおせち、そしてお年玉を楽しみにしていました。

 

 

 

そんなお年玉ですが、みなさんは何に使っていましたか?

僕は、中学生まではその大半を両親に預けていたのもあるんですが、

しっかり使い道を考えて使ったことがなかったと思います。

 

 

でも、高校生になってからは、徐々に考えるようになりました。

覚えているのは、高二の時にCDコンポを買ったこと。

 

 

高校生の時は、勉強のお供として毎日のようにラジオを聴いていたので

キレイな音でききたいとか、録音して繰り返し聴きたいとか

そんな想いもあり、貯めたお小遣いと合わせて

悩みに悩んで買ったのを覚えています。

 

 

大学に入学して一人暮らしを始めた時も新居に持って行ったので

いまでも現役で活躍してくれています。

 

 

とはいえ、めっきりラジオを聞く時間も減り、

たまにCDを聞くくらいにはなってしまっているんですが・・・。

 

 

 

大学に入ってからは、あと何回もらえるんだろうと思うと

なかなかお年玉に手が出せず大切にとっておくようになりました。

 

 

我が家は、3人兄弟で僕が末っ子なので、

姉2人をみて大学卒業までもらえるかな、と思っていましたが

いつ気が変わるかもわからないし、と

毎年最後の気持ちでありがたく受け取っていました。

(結局、無事に大学卒業までもらうことができました^^)

 

 

 

 

 

そんなお年玉ですが、

実は未だに使えずにポチ袋のまま結構たくさんとっています(笑)

 

 

メッセージを書いてくれていたりもするし、ポチ袋に入ったお金は、

なんだか使うのがすごくもったいなくて

残るものを買うときや困った時の最終手段につかうと決めています。

 

 

たまに見返したりするのですが、

ポチ袋のメッセージや中に入れてくれたお金に感謝して

いつかは、これをくれた家族や親戚に別の形で返していけたらな、と思います。

 

 

 

 

 

最後にもう一つお年玉エピソードを!

大学1年生のときのお正月のこと。

年が明けてもお年玉はもらえず、

「大学生になったし、しょうがないか。」

と思って正月を過ごしていました。

 

 

しかし、正月恒例の母の実家で駅伝をみているときに

おもむろに父が立ち上がり、

「今から初売りに行くぞ!」と電器屋さんへ。

 

 

なんと、お年玉と言ってテレビを買ってくれたんです!

 

 

当時の僕は、家に遊びにきた友達に「それ、カーナビ?(笑)」と言われるほど

小さいテレビしか持っておらず、

それを気にかけてくれたみたいでした。

 

 

昔からテレビが好きでテレビっ子だった僕には、

これ以上ない嬉しいお年玉でした!!

 

 

ですが、この話には続きがあって、

このテレビが32インチでそこそこのサイズと重さなんですが、

あろうことか手持ちで実家から持ってきてしまったんです。

 

 

郵送には時間もかかるしお金もかかるし、すぐにテレビも見たいし、

といういろんな気持ちが入り混じったのに加えて、

お店の中でレジまで持って行く時にはテンションも上がっていて

 

 

「これはイケる!!!」

 

 

と思っていたんですが、とんだ勘違いだったようです。(笑)

 

 

さらに、帰りの高速バスではたまたま先輩と鉢合わせて

片手にテレビを持って一緒に帰るという恥ずかしいことに・・・。(苦笑)

 

 

ですが、苦労したぶん、とっても気に入っていて

いまも大事に使っています!

 

 

テレビといえば黒フレームが多いイメージですが、

このテレビは白フレームなところがお気に入りポイントです!!

 

 

 

今回はミニエピソードの3本立てでお送りしましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

 

まだ、お年玉をもらう立場しか経験したことがないので

次は是非、あげたエピソードをお話しできればな~と思います。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

 

今回の「ちょっぴりまったりほっこり。」は、

WANIMAのカバー曲「切手のないおくりもの」にのせてお送りしました。

 

 

もともと財津和夫さんの歌ですが、平井堅さんなどもカバーされているみたいですね。

同郷出身のWANIMAきっかけでこの曲を知ったのと、お年玉って

なんとなく切手のないおくりものっぽいなと思ってこの曲を選びました!

 

 

次回の「ちょっぴり、まったり、ほっこり。」は、

スタッフ杉野の【お年玉エピソード】です。

お楽しみに!

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら