どのお肌のタイプでもニキビはできる!自分のお肌に合った洗顔とは?

き1

オイリー肌や乾燥肌、お肌の状態は人それぞれ違います。また、食事の内容や生活習慣でお肌の状態は毎日変化するのです。

昔、化粧品売り場の美容部員の方に診断された「あなたの肌質」。今もそのままとは限りません!

どんな肌質でもできてしまうニキビの改善で大事なのは、毎日変わる自分の肌質に合ったスキンケアアイテムを使うことです。

 

クレンジングと洗顔はニキビゼロの美肌を目指す上で最も大切なことです。どんなに高級で優れた美容液やクリームを使っていても、間違ったクレンジングや洗顔で肌にダメージを与えていては、ザルに水を注ぐようなものです。

 

「気がついたら肌にダメージを与えていた」なんてことにならによう、正しい洗顔とクレンジングを心がけましょう。

 

タイプ1:乾燥肌

本来お肌が持っている保湿成分や油分は肌をぷるぷるに保つには欠かせません。しかし、これらは洗顔料を使わずにぬるま湯で洗っただけでも流されてしまいます。よって、乾燥肌の人は洗顔には特に注意が必要なんです。

 

朝の洗顔は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗顔し、寝ている間に分泌された油分や顔に付着したほこりを落としましょう。

ポイントはダラダラと洗顔せずに、極力短時間で済ませること。上でお伝えしたように、肌の保湿成分は水で洗っただけでも失われてしまいます。

 

夜の洗顔は1日の汚れやクレンジング料のすすぎ残しを落とすためにも洗顔料を使用しましょう。

ポイントは皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元は最後に優しく洗うこと。また、朝の洗顔と同様にできるだけ短時間で済ませることが大事です。

 

オススメの洗顔料は刺激の少ないタイプのもの。保湿成分や皮脂をたくさん落としすぎてしまうと、肌表面が突っ張った感じになります。よって、大切な保湿成分や皮脂をとりすぎないものを選びましょう。

 

タイプ2:脂性肌

前日の夜にしっかり洗顔したのに朝起きると全体的に皮脂が浮いている・・・そんな日のお肌の調子はオイリーです。過剰な皮脂は空気中の汚れを吸着しやすく、ニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみなどのトラブルを招きます。

 

朝は洗顔料を使用してしっかり洗いましょう。1度洗ってもTゾーンなどの油分が気になる場合には、その部分だけもう1度洗うのもよいでしょう。

 

夜の洗顔の前には、蒸しタオルの使用をオススメします。クレンジング後に蒸しタオルを顔に乗せ毛穴を開かせるひと手間を加えれば気になる毛穴の汚れや皮脂が落ちやすくなります。

 

ポイントは洗顔料で密度の濃い泡を作って、特に油分の多い部分から洗い始め全体を洗っていくこと。よくすすいだ後には冷水で仕上げると毛穴がキュッと引き締まります。

 

オススメの洗顔料は余分な皮脂や汚れをさっぱりと落としてくれ、清潔な素肌を取り戻せる刺激の無いもの。肌に洗顔料を残さないためにもすすぎ落ちが良いものを選びましょう。

 

タイプ3:混合肌

ある部分は乾燥しているのに、ある部分はオイリーという人は混合肌。いつまでの美肌でいるためには丁寧なスキンケアが欠かせません。

 

混合肌の人は、乾燥肌と脂性肌両方の方法を取り入れることが大事です。どこの部分が乾燥して、どこの部分に皮脂が浮いているか朝起きたらしっかり確認しましょう。

 

洗顔方法としては、基本的に洗顔料を使用した洗顔になります。皮脂が浮いている部分(主に額から小鼻にかけてのTゾーン)から洗いましょう。

 

一方、目元や口元、頬などの乾燥しやすい部分は泡を馴染ませて軽く汚れを落とすだけにしましょう。状態によっては洗顔料を使わずにぬるま湯だけで流すのもOKです。

 

オススメの洗顔料はタンパク質や皮脂を分解する作用があり、古い角質や余分な皮脂などを取り除いてくれるもの。くすみやザラつき、毛穴の黒ずみや角質が気になる人にもオススメです。

き2

お肌の状態は日々変化しています。「自分は○○肌」と決め付けず、その日の肌質に合った洗顔をすることが美肌への近道です。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら