歩く

4日目「薬院」を、歩く。

だんだんと春の足音が聞こえて来る今日この頃

皆様いかがお過ごしですか?(^^)

僕は先日、朝の通勤途中になにか目の前を横切ったので目で追ってみると、

そこには蝶々がひらひらと元気良く舞っていましたよ。

春はもうすぐそこまでやってきているようですね!

 

さて、歩く4日目の今日は、「薬院」エリアを歩きます。

1

福岡といえば「博多」と「天神」の2つの地名はご存知の方も多いかと思います。

薬院駅はそんな「天神」のお隣の駅です。

買い物をするにもお食事をするにもたくさんのお店があるので

地元の人の間ではとても人気の高いスポットなのです(^^)

 

そんな薬院を今日は歩いていくわけなのですが、

駅を出てすぐに、こんなおもしろい自販機を見つけました(^^)

2

一瞬、ペットボトルの烏龍茶の自販機なのかな???と思ったのですが、

これ、なんと「お出汁」の自動販売機だったんです。

こういう斬新な売り方は見ていて楽しいですね(^^)とっても驚かされました!

僕たちもこの自販機に負けないように皆様をアっと驚かせるようなアイデアを考えていきたいと思います!

 

さて、自販機を進み歩いていると、お子様向けの絵本とおもちゃが売られているお店がありました。

3

「ピーターラビット」や「星の王子さま」などのキャラクターたちが

道行く人たちを出迎えてくれていました (^^)

自分が見て育ったキャラクターが今のこどもたちにも

世代を超えて愛されているって、とても素敵ですよね。

 

ファンファレの商品たちも、世代を超えて愛していただけるように

なったら良いなぁ〜なんて思いながら眺めていました。(^^)

 

 

歩けば歩くほど、薬院の街はとっても賑やかな街でした。

4

建物の壁に、こんなにかわいいやんちゃ小僧の落書きが。(笑)

イラストながらに、無邪気なこどもの笑顔は心がほっこりとしますね。

素敵な落書きに、思わずカメラを向けてしまいました。

ちょっとした遊び心がスパイスになったりするものですね!

5

真っ赤に色づいたトマトが店頭販売されていました。

絵の具の赤色のように綺麗に赤く色づいたトマトたち。

なぜだろう。赤い色ってなんだか元気が湧いてきませんか?(^^)

トマトの赤が、よし、今日も一日頑張るぞ!という気持ちにさせてくれました。

6

大通り沿いに薬院文具店という文房具屋さんがありました。

最近「文房具専門店」ってあまり見かけなかったので

少し懐かしい気持ちになりました。

 

僕がまだ小学生の頃、学校の近くに大きな文房具屋さんができて

いつもおこづかいを握りしめて足を運んでいたことを思い出します。

とあるシャープペンシルが学年内で爆発的に流行ったのですが、

そのペンが一本千円ほどしたので、小学生のおこづかいだと

高価でなかなか手が届かず、おこづかいを必死で貯めて貯めて

やっとの思いで購入し、次の日みんなに自慢したのです!

が、そのシャープペンシル、シャカシャカと降ると自動で

芯が出てくるシャープペンシルだったのですが、

あまりに嬉しすぎて振りすぎていたらすぐに壊れてしまい

結局ノックしないと芯が出てこない普通のシャープペンシルと化してしまったという

苦い思い出を思い返しました。今思うと笑い話ですが当時は凹みに凹んだなぁ。笑

 

 

たくさん歩いてお腹もすいてきたので食事をとるところを探していると

7

なんだかおしゃれな佇まいのカフェを見つけました。

8

店外に掲示されたメニューもとってもおしゃれ!

僕は地方から福岡に出てきたので、こういうおしゃれなお店は

田舎者心をとてもくすぐってきます。笑

9

僕、チキン南蛮がとっても大好物なのです。

というのもチキン南蛮が大好物なのには理由がありまして、

そのお話をこの歩くの中でしたいなぁということで

チキン南蛮を注文したのは内緒です。笑

 

僕の母方の祖父(じーちゃん)と祖母(あーちゃん 父方の祖母が「ばーちゃん」で呼び分けていました。)は宮崎県に住んでいるのですが

小さい頃じーちゃん達の家に行くと、いつも決まって近所の配達もしている定食屋からチキン南蛮を注文してくれていたのです。

そのチキン南蛮が本当に美味しくって美味しくって、

いつもじーちゃん達の家に行く初日と帰る日に注文してくれるチキン南蛮を食べるのがとっても楽しみにしていました!

 

そんな中、今でも忘れられない思い出が一つあって。

 

僕が小学校3年生の頃でした。

鹿児島から宮崎のじーちゃん達の家に、生まれて初めてたった一人で行くことになった夏の日のことです。

「初めてのおつかい」ならぬ、「初めての一人旅」でした!

 

高速バスに乗っての旅路だったのですが、宮崎のバス停でじーちゃん達が

待っていてくれることになっていたので、母も安心して鹿児島から見送ってくれました。

 

が、急な悪天候に見舞われてバスがインターチェンジで立ち往生してしまい

予定時間に到着することができなくなってしまったのです。

 

インターチェンジの公衆電話から母に悪天候でバスが動かないことを電話し母は事情を把握していたのですが、

当時は携帯電話も普及していないので、バス停で待っているじーちゃん達とは連絡をとることができず。

じーちゃん達心配してるかな、家で待っててくれてるかな、と色々と考えながら結局予定時間より3時間も遅れて大雨の中到着したのですが、

バス停にはバスに向かって手を振るじーちゃん達の姿が!

連絡もなにもない中で、じーちゃん達はずっと大雨の中バス停で待っていてくれたのです。

 

バスを降りた僕に笑顔で駆け寄って「よく頑張ったね!」「大変だったね!」と声をかけてくれたのを今でも覚えています。

大雨の中バス停で3時間近くずっと僕を待っていてくれたじーちゃん達のほうがよっぽど頑張って大変だったはずなのに。

あのときの二人の笑顔はいまでもしっかりと僕の心に刻まれています。

 

そして、やっとの思いで3人揃ってじーちゃん達の家に帰った初めての一人旅を終えたその日に食べた夕飯も、いつもの大好きなチキン南蛮でした。

 

だから、僕にとってチキン南蛮はただ美味しいから好きなのではなく

特別な思いも込められていて今も昔も大好きな食べ物なのです(^^)

 

今ではあーちゃんが一人で住んでいる宮崎の地。

小さい頃には毎年夏休みと冬休み訪れていた宮崎にも、

最後に訪れたのは思い出せないくらい前になってしまいました。

 

あのチキン南蛮の定食屋は今も変わらず営業し続けているようです。

いつか後悔しないように、あーちゃんと、天国のじーちゃんと

おいしいチキン南蛮を食べにまた宮崎に足を運びたいと思います。

 

 

帰り道、会社に戻ろうと駅に向かう帰り道に、椿の花が咲いていました。

10

椿の花ことばには、「優しさ」という意味が込められているそうです。

アグレッシブからアグレッシブライフに新しく生まれ変わったこのサイトですが

これまで以上にあなた様が「優しい気持ち」になるようなサイトになるべく

毎日更新してまいりますので、これからもお付き合いをよろしくお願い致します(^^)

僕自身も、「優しい気持ち」を大切に生きていこう。

 

 

今日見つけた幸せ 椿の花

 

今日の幸せ、見つけるまでにかかった時間:2時間51分

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなた様にも幸せが訪れますように。

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら