むくみ

「寝る前に食べると太る」だけじゃない!?

3

みなさんこんにちは。

さて、気温もぽかぽかとあたたかくなってきてだいぶ過ごしやすくなりましたね。

春の陽気についついうとうととしてしまいがちですが、皆さんそんな春の陽気についつい負けてしまい、お食事のあとにすぐ眠りについてしまったりなどしていないでしょうか??

「食べてすぐ寝ると豚になる」「寝る前に食べると太る」などといった言葉を耳にしたことはあると思います。

が!

しかし、この言葉、実はむくみにも大きく関係があることをご存知でしょうか?

実は寝る前に食べると太るだけではなく、翌朝のむくみにも大きく関係しているのです。

寝る前に塩分が多く含まれているものを食べたり、アルコールを摂取したりしてしまうと、血液の中の塩分やアルコールの濃度を正常にするために体が水分を保とうとする力が働き、その結果水分が溜まってしまうことにより、翌朝のむくみへとつながってしまうのです。

また、食べたものがその日のうちに消化をしきれずに脂肪がつきやすくなってしまい太りやすくなるので、スタイルを保つためにも夕食はなるべく眠りにつく3時間前までに済ませるのが良いでしょう。

 

どうしても寝る前の空腹が我慢できない!そんな時にはぬるめに温めたホットミルクがオススメです!

4

ホットミルクにはリラックス効果がありますので、安らかな睡眠へとあなたを導いてくれます。また、胃腸の働きを良くしてくれる効果もあり、基礎代謝も上げてくれます。

また、低脂肪牛乳を使うことでカロリーも抑えることができますよ♪

どうしても甘さが欲しい場合はお砂糖ではなくはちみつを少量混ぜて飲むようにしましょう。はちみつにはビタミンやミネラルを含んでいて、成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

ただしはちみつの糖分によるカロリー摂取を抑えるためにも必要最低限の量を混ぜるようにしてくださいね。

 

いかがだったでしょうか。

やはり、寝る前に食べるといった行動はあまりあなた様の体にとって良いことはありませんので、できるだけ避けていただいた方が良いかと思います。

ですが、空腹がストレスとなり眠れなくなってしまっては体を壊してしまいますので、そんなときはぜひぬるめに温めたホットミルクを試してみてくださいね。

 

FANFARE LINE@ 友だち登録はこちら